Yahoo! 占い12星座占いでおなじみジーニーが星占いと幸せのヒントをお届けいたします。

理由があって、今日は過去記事を再掲載させていただきます。引き寄せの法則ブームもかなり前のことになってしまいますが、今の日本にとても必要なものなのではないかと感じております。

--

驚かれるかもしれませんが、僕は新聞を読むのをやめてから十年以上経ちます。同時にテレビを見ることもやめました。その後の人生が劇的に良くなって、何より生活がよりシンプルになって余計な情報に惑わされることがなくなりました。


これを発見したのは鬱に苦しんでいる時。一人暮らしを始めたばかりで荷物が少なかった頃、アパートの大家さんが訪ねてきて、テレビが欲しいかどうか聞かれました。 


えっ! 確かにテレビは持っていないんですが。でもなんで?


新しい大型のテレビを買ったので、古いものがいらなくなったそう。早速その午後に部屋にテレビが久しぶりにやってきました。大家さんは高齢のおばあさんだったので、せっかくの好意をお断りすることができずに複雑な気持ちのまま受け取ることに。


テレビの効果はてきめんでした。体調が悪く仕事もできず一日部屋にこもっている時に寂しくてテレビをつけると、何故だか大抵午後のワイドショーの時間帯で、芸能人のスキャンダルを放送しています。本来自分に直接関係のないはずの岩崎宏美さんの離婚を報道していて、それを見るとわけもなく悲しくて、ますます鬱になりました。


岩崎宏美さんは好きだけれど、僕が悲しんだところで彼女が離婚の苦しみから救われたわけではなかったでしょう。一緒に悲しい気持ちになるというのは、単に悲しみが二倍になるだけなのです。


同じ頃に、雑誌や新聞を読むこともしなくなりました。当時は聖子バッシングの一番ひどかったころで、「聖子金髪に狂う!」などという見出しを見ると、自分が批判を受けているかのように苦しい気持ちになったものです。一番いい解決方法はテレビをつけない、新聞・雑誌を読まないことだと感じました。


当時はまだインターネットがなく、パソコン通信のニフティを始める前だったのですが、テレビ、新聞・雑誌のない生活で何か情報がなくて困るということは全くありませんでした。


そういったメディアがなくとも、本当に自分にとって必要な情報、有益な情報は日常生活のあらゆる場面で様々な方法で届けられるものだからです。テレビなしの生活を始めて明らかに変ったことのひとつは、自分の直感が磨かれてゆき、自分でそれを信じることができるようになったことでした。


本当に良い本や音楽、映画は必ず信頼できる友人が紹介してくれますし、それには「はずれ」がほとんどありません。美味しいレストランも、仕事の情報も、自分にとって有益なものは必ずなんとかして情報の方から目に飛び込んできたり、耳に入ったりするものです。そういうものだと信じて、心をオープンに保っていいみたいです。



 

この本に、(望まない出来事が世界的に起こっている理由として)どんな対象でも関心を向ければ、対象の振幅は大きくなる。関心がその対象の波動を活性化させ、活性化された波動に「引き寄せの法則」が作用する… 望まない対象でも、そこに関心を向ければ対象の力はどんどん強まる。だからネガティブな情報をいっさい自分の経験に持ち込みたくないと思う人は、そもそもマスコミの報道など見ないだろう。


という箇所があります。深く深く納得いたしました。 


ドリーン・バーチューさんも「芸能人のスキャンダルには意識を向けないようにしましょう。同じことを自分の人生に引き寄せてしまうからです」としばらく前に言っていました。 


ポジティヴなことを引き寄せると同時に、引き寄せの法則はネガティヴなこともあなたの人生に引き寄せます。宇宙は善悪の判断をせずに、あなたが意識を向けているものを引き寄せてくれるからです。 


テレビや新聞・雑誌があなたの人生をより豊かにして、幸せな気持ちにさせてくれているなら何も問題はありません。無自覚のうちにネガティヴなことの方に意識を向けるようになっていないかどうか、少しだけ注意してみると良いかもしれません。


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。


ジーニー


スマートフォン、携帯用サイト「ジーニーの月の癒し」がおかげさまで大好評をいただいております。ありがとうございます。




エンジェリック占星術新メニュー 

何をして生きていく? ~あなたに秘められた才能・約束された人生~

・あなたが秘めている才能
・あなたは「これ」をして生きていきます
・あなたに約束されている幸せな未来
・あなたがより幸せに生きていくために


関連記事

関連タグ : 幸せになる方法, 引き寄せの法則, ,

今日、さがしものをしていて、思わぬものを発見!


豊かさの法則


ひとつは、僕が2006年の8月1日に「豊かさの40日間プログラム」などをはじめとする、ジョン・ランドフルフ・プライスさんの本を参考にしつつ、ワークを行っていたころ自分に宛てて書いた手紙。便せん9枚にびっしり思いがつづられていました。


これは、「プログラムが終わったら、自分がどんな存在に成長していたいか」を明記したもので、「プログラムが終わるまで開封してはいけません」と封筒に書かれています。無事にプログラムを終えて、開封して3年あまり経ちます。

読み返してみると「その当時なぜ自分の人生が、思うようにうまくいかなかったのか」はっきり書かれているようで、ひりひりするような気持ちを感じました。

愛や豊かさのように「与えられていることに感謝すべきもの」について、「どうしても、獲得しなくてはいけない」ように感じていたからです。

「なーんだ、単に自分でいれば良かったんだ!」と思うことばかりで、その当時は一体なにを焦っていたのだろうと、おかしくなってしまうほど。でも、きっとそんな体験も学びのために必要だったんでしょう。

誰もが体験する、思春期の葛藤に近い感覚だったかもしれません(ずいぶん遅い思春期だ!)。


この人の著作に出会ったのは、アメリカのドリーン・バーチューさんつながりの、エンジェル仲間に勧められたことがきっかけです。






最初はこの著者の語る「神」に違和感があって、どうもワークがうまくいきませんでしたが、徐々に「自分なりの神の解釈でいいのだ」と気楽に考えられるようになりました。そして、同じ著者の本を何冊も読みました。

『豊かさの法則』については、おなすさんが実践されて、とても詳しく解説されているので、ご興味があればぜひお読みになってください。

おなすインフォメーション:豊かさの法則

ところで、僕は「スーパー・ビーイング」というキーワードが、元旦から気になっています。これは、ジョン・ランドフルフ・プライスさんの著作のタイトルですが、そのうちこれも日本語訳が出ないかなあ、なんて思っております。(出版社のみなさん!)

うまいタイトルが思い浮かばないなあ。「素晴らしい存在」とか「(普通を)越えた存在」とかいう意味なんだけど。

ところで。

もともと探していたものは、10数年前出雲大社にお参りしたときにいただいてきた、ご真言の書かれたパンフレット。じつは、きとりかさんのブログを読んでいて、気がついたらさがしものに夢中になっておりました!

ラクに夢を叶えよう! by きとりかさん

出雲大社には縁があって、一度だけ訪れたことがあります。いくつも、いくつもの素晴らしい幸運が重なって、神在月の出雲に訪れることができたのは、言葉ではとうてい説明することのできない「縁」の尊さを実感する、素晴らしいできごとでした。

ところで、出雲大社は日本各地に分祠があります。「出雲大社 分祠」で検索してみると、いくつも見つかると思います! 恋愛に限らず、良い「縁」を求めるかたは、一度出雲を訪ねてみられると良いでしょう。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー

関連記事

関連タグ : 願い, 願い事, 引き寄せの法則,

「天才バカボン」の名脇役、レレレのおじさんは「クリーン、クリーン、クリーン」と言いながら道端をお掃除されていましたが、今考えるとあれは "Clean, clean, clean!"という、英語だったのでしょうね? 

おなすさんと僕は以前からシンクロが多くて、お互いに驚いています。

おなすさんが実践されている「40日プラン」のテキスト、「豊かさの法則」は、僕の人生を変えた10冊のうちの一冊です。





毎日ほんの少しの時間を割いて、瞑想を中心にプログラムを続けていくのですが、40日休まずに続けるのが意外と大変でした。僕も3年前に実行して、つまらないことがきっかけで挫折しつつ、数度目にやっと成功。

40日の間に心のうちに潜んでいたいろんなことが見えてきました。その中でも大きかったのは、

「お金はしたくない仕事を嫌々して、やっと受け取ることができるもの」

という根強い思い込み。

この思い込みを抱えていると、周りにその思い込みをサポートしてくれる人が現れて、繰り返しそのような言葉を聞かせてくれるはずです。

そうした外野の声に耳を傾けず、ひたすら自分の内なる可能性に目を向けるように意識すると、心の中のガラクタが、どんどん片付いていきました。

そして、それにともなって人間関係も入れ替わり、僕を新しいステージに導いてくれる人たちとの出会いが相次ぎました。

これは、そんな素晴らしい体験をしていた頃に書いた記事です。

旧・助けてエンジェル「世界一幸せです」


ついでに、過去記事を読み直していて、こんな記事を発掘!

旧・助けてエンジェル「今時の小学生」


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー


ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。
「終わらせてしまいましょう! 心の天使が教える、混乱からの脱出方法」


関連記事

関連タグ : 引き寄せの法則,

実は10月末に同じ町内でセッション・ルームを移転いたしました。事後報告ですみません。現在のセッション・ルームはより新宿駅に近いところ。クライアントのみなさんが落ち着ける癒しの空間を目指し、少しずつ部屋作りをすすめております。

あまり知られていないことですが、この都庁をはじめとする超高層ビルのある西新宿一帯はとても気の良いエリアです。以前のセッション・ルームは動的なエネルギーの強い場所でした。

日当りが良くて、風通しと気の流れが良くて、そこにいるだけでも運気が上がるパワフルな場所だったので、僕が出た後に友達が入ってくれたらいいなあと以前からひそかに願っていました。実はこの部屋は縄文時代のエネルギーが流れる場所なので、ここを癒しの空間として残せたのは嬉しい出来事でした。

一方で僕の新しいセッション・ルームは穏やかなエネルギーに包まれ、直接世界中につながる宇宙ステーションのような場所です。好きな家具を選んだり、いろいろとインテリアの工夫をしているうちに気付いたのは、新しいセッション・ルームが子供の頃からひそかに心の奥で描いていたような部屋になりつつあるということ。誰にも気兼ねなく、自分の好きな部屋で自分の好きなことを仕事にして生きている今が本当に幸せです。

部屋と人との間には引き寄せの法則が働いています。部屋の方も、自分のことを気に入ってくれる人を引き寄せるのだと考えるとわかりやすいでしょう。部屋に対する感謝の気持ちを忘れなければ、必ず部屋は助けてくれますよ。

部屋を見ると人がわかるというように、部屋のエネルギーと人のエネルギーは限りなく同調してゆくものです。そうだとしたら、部屋をいつもきれいに掃除して、快適に保つという作業がなにを意味するのか、もう説明するまでもありませんよね。


関連記事

関連タグ : 引き寄せの法則, 掃除, 部屋, ザ・シークレット,

驚かれるかもしれませんが、僕は新聞を読むのをやめてから十年以上経ちます。同時にテレビを見ることもやめました。その後の人生が劇的に良くなって、何より生活がよりシンプルになって余計な情報に惑わされることがなくなりました。

これを発見したのは鬱に苦しんでいる時。一人暮らしを始めたばかりで荷物が少なかった頃、アパートの大家さんが訪ねてきて、テレビが欲しいかどうか聞かれました。 

えっ! 確かにテレビは持っていないんですが。でもなんで?

新しい大型のテレビを買ったので、古いものがいらなくなったそう。早速その午後に部屋にテレビが久しぶりにやってきました。大家さんは高齢のおばあさんだったので、せっかくの好意をお断りすることができずに複雑な気持ちのまま受け取ることに。

テレビの効果はてきめんでした。体調が悪く仕事もできず一日部屋にこもっている時に寂しくてテレビをつけると、何故だか大抵午後のワイドショーの時間帯で、芸能人のスキャンダルを放送しています。本来自分に直接関係のないはずの岩崎宏美さんの離婚を報道していて、それを見るとわけもなく悲しくて、ますます鬱になりました。

岩崎宏美さんは好きだけれど、僕が悲しんだところで彼女が離婚の苦しみから救われたわけではなかったでしょう。一緒に悲しい気持ちになるというのは、単に悲しみが二倍になるだけなのです。

同じ頃に、雑誌や新聞を読むこともしなくなりました。当時は聖子バッシングの一番ひどかったころで、「聖子金髪に狂う!」などという見出しを見ると、自分が批判を受けているかのように苦しい気持ちになったものです。一番いい解決方法はテレビをつけない、新聞・雑誌を読まないことだと感じました。

当時はまだインターネットがなく、パソコン通信のニフティを始める前だったのですが、テレビ、新聞・雑誌のない生活で何か情報がなくて困るということは全くありませんでした。

そういったメディアがなくとも、本当に自分にとって必要な情報、有益な情報は日常生活のあらゆる場面で様々な方法で届けられるものだからです。テレビなしの生活を始めて明らかに変ったことのひとつは、自分の直感が磨かれてゆき、自分でそれを信じることができるようになったことでした。

本当に良い本や音楽、映画は必ず信頼できる友人が紹介してくれますし、それには「はずれ」がほとんどありません。美味しいレストランも、仕事の情報も、自分にとって有益なものは必ずなんとかして情報の方から目に飛び込んできたり、耳に入ったりするものです。そういうものだと信じて、心をオープンに保っていいみたいです。



 

この本に、(望まない出来事が世界的に起こっている理由として)どんな対象でも関心を向ければ、対象の振幅は大きくなる。関心がその対象の波動を活性化させ、活性化された波動に「引き寄せの法則」が作用する… 望まない対象でも、そこに関心を向ければ対象の力はどんどん強まる。だからネガティブな情報をいっさい自分の経験に持ち込みたくないと思う人は、そもそもマスコミの報道など見ないだろう。

という箇所があります。深く深く納得いたしました。 

ドリーン・バーチューさんも「芸能人のスキャンダルには意識を向けないようにしましょう。同じことを自分の人生に引き寄せてしまうからです」としばらく前に言っていました。 

ポジティヴなことを引き寄せると同時に、引き寄せの法則はネガティヴなこともあなたの人生に引き寄せます。宇宙は善悪の判断をせずに、あなたが意識を向けているものを引き寄せてくれるからです。 

テレビや新聞・雑誌があなたの人生をより豊かにして、幸せな気持ちにさせてくれているなら何も問題はありません。無自覚のうちにネガティヴなことの方に意識を向けるようになっていないかどうか、少しだけ注意してみると良いかもしれません。
関連記事

関連タグ : 願い, 願い事, , 引き寄せの法則,

少し前のことになりますが、セッション・ルームのすみに積んであった本が3冊ともおなすさんのブログで紹介されていた本でした。クライアントさんがそのどれも持っていたそうで、二人で大笑いいたしました。おなすさんのおかげでどれだけの素晴らしい本に出会うことができたか数え切れません。

中でも、やはりこの本との出会いは僕の人生を限りなく豊かにしてくれたように感じています。


ザ・シークレット ザ・シークレット
ロンダ・バーン (2007/10/29)
角川書店

この商品の詳細を見る


まだ発売前だというのにamazon.co.jp のトップセラーの上位にランクインされているので、この本がどれだけのインパクトをもたらすのかがとても楽しみ。

この本に登場するメンターの一人である、リサ・ニコルズさんの言葉には個人的に印象深いものがたくさんあります。

彼女は「チャーリーズ・エンジェル」のようなテレビ・ドラマのヒロインに憧れて大人になったそう。

「彼女たちは素晴らしかったけれど、私のような外見ではなかった。私がリサである自分自身、コーヒー色の肌、厚いくちびる、丸いお尻、黒いカーリー・ヘアに恋をするまでは、他の人たちが私に恋をしてくれることはなかった」

これはたくさんの方が経験することかもしれません。この真実を発見するまでの間、リサさんは自分の魅力を見つけることができなかったので、恋人が代わりに自分の魅力を教えてくれることを期待して何度も恋愛をしたらしいです。うーん、可愛いけど切なすぎますね。

この本の素晴らしさのひとつは、引き寄せの法則をテーマにしつつも、たくさんの人が色んな形で表現してきた普遍的とも言える真実を判りやすくまとめてあること。読み進めてゆくうちに「豊さ」「恋愛」「健康」など世の中のどんな物事についても、あるシンプルな法則が働いているのだということを実感できることでしょう。

自分を好きになること、愛することの大切さについてはそれだけで何冊も本が書けるほどだと思います。これは僕自身がゆくゆく書いてみたいテーマのひとつ。

↓やった!
人気blogランキングへ←これもすべて、毎日ポチッと押してくださるあなたのおかげです。ありがとうございます。 

「助けてエンジェル」のTOPページへ
関連記事

関連タグ : 願い, 願い事, 叶う, 引き寄せの法則, ザ・シークレット, 恋愛, 結婚,

カナダに滞在中にたくさんの素晴らしい人と出会いましたが、その中でも特にスペシャルな出会いはこちらのテレビのディレクターをしている男性との出会いでした。出会ってすぐに意気投合し、数分後には今後の企画について話をし始めました。これに関しては、きちんとした形になったらまたお知らせいたしますね。

数日前のこと。プロジェクトの打ち合わせを兼ねて、トロントの街中を離れてキャンプ施設のある郊外の公園まで遊びにゆき、二人で自然の中で地球の未来について語り合いました。

亀みたいな形の大きな岩を見つけて、二人ともその上に乗って瞑想をしたくなりました。柔らかな光と風を感じながらの瞑想は最高の気分です。

「この岩って、もしかするとナイアガラの滝の方まで続いているんじゃないのかな?」

僕の何気ない言葉に、相手はとても驚いていました。まったく同じことを同時に感じていたらしいのです。自然の中で心を静かにするだけで、まったく同じ気持ちを体験できるというのは、なんと素晴らしいことなのでしょうか。

何かの導きによってカナダに来たことを感じていましたが、この素晴らしい体験を共有できる人たちとの出会いが、この旅の目的のひとつだったようです。僕の人生がこれから大きく変わる予感。


話題のThe Secretが書籍になって、トロントの書店の店頭に平積みになって売られています。おなすさんのサイトでこのビデオを見てからというもの、引き寄せの法則があらゆるところで働いているのを感じておりましたが、人間同士も本当にお互いが必要とし合ったら必ず海を越えても出会うことができるのだということを実感いたしました。

The Secret The Secret
Rhonda Byrne (2006/12/04)
Simon & Schuster Ltd

この商品の詳細を見る


帰国の予定は30日に決まりました。時差ぼけがおさまった頃から、対面セッションを再開する予定です。

明日土曜日から水曜日に帰国するまでメールチェックはあまりできないので、お返事が少々遅れるかもしれませんが、どうぞご了承くださいね。格段にパワーアップして帰国できそうです。

またみなさんにお会いできる日を楽しみにしております。




人気blogランキング←みなさまの応援のおかげでここまで上がることができました。今日も「ぽちっと」押してくださってありがとうございます! 
関連記事

関連タグ : 願い, 願い事, 引き寄せの法則,