Yahoo! 占い12星座占いでおなじみジーニーが星占いと幸せのヒントをお届けいたします。

「方位が悪い」「方位がいい」ということを気にされる方は少なくないようです。


多くは方位気学や奇門遁甲など東洋系の占術によるものですが、最近は西洋占星術の世界でも「行く場所によって幸運を手にできるか、その逆になるか」の研究が進んでいるようですね。


僕の場合、「今年はどの方角に行けばラッキー」という考え方は取り入れていないのですが、西洋占星術とともに風水を研究した結果、占いで実際に方位が良くないと出ても、それを避ける裏技があり、かなり効果が高いことを実感しております。

例えば、今年は北東の方角が悪いけれど北東にに引越しをすることが決まっているような場合、まずは良い方角に出かけて一晩でも二晩でも泊まってきて、それから改めて目的地に行くようにすれば「自宅から北東に行くことを避けられる」のです。


僕はある年に、全面的に方位が悪いことがあったのですが、その年は仕方ない事情があり3回引越しをしました。それでもずっと同じ場所にいて動かないままだったら、物事は動き出さないままだったはずなので、結果それで良かったのだと感じました。


以前にも何度かお話したように、僕は一年間家出をして香港に住んでいたことがあります。香港は風水的に非常に優れた場所で、そこで暮らしているうちに「風水のエネルギーとはなにか」が徐々に見えてきました。


結局は自然のエネルギーを上手に取り入れて、大きな流れのようなものを味方につけるのが風水なのです。


さらにおもしろいことに、その力を強く信じればそのようになるし、信じなければなんの影響ももたらさないことも学びました。


これは風水に限ったことではありません。自分がイメージしたこと、信じていることが限りなく現実になっていくのがこの世界の真実なのです。


あなたが占いや風水を信じているなら、それを上手に活用して幸せになればいいわけですし、それが必要ないと感じるならそれでいいのです。


僕は長年占いの原稿を書いていて、ひそかな願いがありました。それは「これを読んでくださるみなさんに、いつの日か占いを卒業していただきたい」という思いだったのです。今もその気持は全くかわりません。


なぜなら、生まれた時の星の配置よりも、生まれた家庭の環境よりも、過去世よりも、なによりも大きな影響力を持っているものは「あなたの心」だからなのです。


ちなみに、この数年僕は自分のことに限っては占いで決めることなどまったくなく、好きなときに好きなことをするようにしています。気が向いた時にふらっと旅に出て、適当に歩きまわって写真を撮って、出先から原稿を書いたりブログを更新したりしております。 


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。


ジーニー


「ジーニーのエンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。よろしくお願いいたします。



真相を伝えます。

あの人のあの態度の理由、あなたへの気持ち徹底解明




・今、あの人があなたに抱いているのはどんな気持ち?
・あの人が今、あなたに曖昧な態度を取っている理由
・関係が深まった時、あの人の態度はどう変わる?
・あの人の気持ちを引き出し、進展させるために







関連記事

関連タグ : 占い, 方位, 星占い,