Yahoo! 占い12星座占いでおなじみジーニーが星占いと幸せのヒントをお届けいたします。

ガラクタ追放についてはすでに書ききったと思っていることと、最近はいつでもふらっと旅に出られるよう、ごく質素な生活を心がけているので、最近自分ではガラクタを片付けることもなくなっていました。


久々に、僕のガラクタ追放の取材記事が雑誌に掲載されました!


PHPPHP くらしラク〜る 2012年12月号


子供の頃に両親が愛読していて、僕も時々読んでいたあのPHPさんから、増刊号にお声をかけていただいて、本当に光栄なできごとでした! ありがとうございます。


そろそろ年末の大掃除が気になる季節ですので、よろしければお手に取ってご覧くださいませ。 


このお知らせがあったのでブログ記事を書こうと考えていたら、急に引き出しを片付けたくなりました。いらないものは入っていないと思っていたはずの引き出しに、不要なものがずいぶんあったのに驚きました!


書類などの下に、見慣れない白い箱が… 


それを開くと、充電器が入っていました。一体何の充電器かわからず、説明書を読んではじめてそれがBluetoothのヘッドセットの充電器だということがわかりました。Bluetoothというと、耳慣れない言葉かもしれませんね。パソコンや携帯などに使う、ワイヤレス機器などのことです。


↑こういうものです。


去年ヘッドセットを買って数日で調子が悪くなってしまい、修理に出さなくてはと思いつつ1年経ってしまったのですが、充電器で充電すればいいだけのことだったのです。 


ガラクタを手放すと必ず良いことがあるのを実感するできごとでした。1年間も充電が必要だったことに気づかなかった自分には呆れましたが… 天然ボケを改善する方法をご存知でしたら、ぜひお知らせくださいませ! 


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。


ジーニー




ジーニーのエンジェリック占星術に新メニューが追加になりました。



○ジーニーが占う2013年相性占い「あなたとあの人はどうなる?」


・2013年、あの人の恋愛の流れ
・2013年、ふたりの愛を深める出来事
・2013年、あの人のあなたへの想いはどう変わっていく?
・2013年、ふたりの絆を深めるために



○【ジーニーが導く】2013年あなたの恋愛の流れ(一人用)



祝! モバイルサイト「月の癒し」正式オープン! 
関連記事

関連タグ : ガラクタ追放, 部屋, 浄化, 片付け, 掃除, ,

なくしたものが見つからないときに、最高のおまじないがあります。


「にんにく、にんにく、にんにく…」


そう唱えながら直感にしたがってあちこち探してみると、驚くほどの確率で出てきます! これは雑誌時代のMy Birthday に載っていたものらしいので、恐らくマーク矢崎先生のおまじないでしょう。


最近も見つかったものがあって、ありえないところから出てきたので大感激したので、ここに書きたくなりました。しかし、忙しくしているうちになにを見つけたんだか忘れてしまいました。(マーク先生、ありがとうございます!)


ところで、最近どんな検索ワードで僕のブログを見つけてくださったのか調べていると、「マハリクマハリタ」が入っていました! 一体どんな情報を探していらっしゃったのかわかりませんが、正しいサイトを発見できたことを祈っております。



すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。


ジーニー






ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました!


怖がらずに知って。あの人が伝えられずにいる「本音」とふたりの未来

関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, ガラクタ追放術, ガラクタ追放キャンペーン, おまじない,

久しぶりに、ガラクタ追放キャンペーンの記事をお届けいたします。

「よつば」さんから、こんな素晴らしいご報告をいただきました。


私はおうし座で、どうやら相当の”物持ちのいい人”・・・いえいえ、”ガラクタためこみ屋さん”だったようです。
悲しいかな私にとっては「これが普通」で、その自覚は全くなかったのですが(汗)

本を参考に、一か所ずつ整理を始めました。

まずはクローゼット。 私はタンスを持っておらず、バスケットを利用しているのですが、上から見て一目で分かるようにとクルクル丸めて縦に収納していた服の上に入りきらない服、たたむのが面倒でそのままの洗濯物、脱いだままの服(もっかい着てから洗濯しよう)が積み重なりもうすでに化繊山脈!!

しかもそれぞれ広げてみますと、おそろしくテイストがバラバラなんですね・・。 

→その時々で目に付いたものを買ってしまう悪い癖を自覚。
→今着る服+組み合わせがきくもの以外は処分!!を決意。

不思議なことに、どれもこれも気に入って買って、一時はヘビロテで着ていたのに、最後にもう一度袖を通してみると”今は全く似合わない”のです。

あぁ、この服といられる時間は終わったのだなと、迷うことなく処分できました。

次に本。週に2~3回は本屋へ行く活字中毒でして、これまた「もう一回読んだら売ろう」などと思いながら次々と新しい本を購入。

当然本棚から溢れだし、机・テレビの上・枕元のテーブルなどなど、あらゆる隙間に積み重なった雪崩危険地帯が発生しておりました。

とはいえ、本については以前から「本が呼ぶ」感覚があり、インスピレーションでぱっと選んではずしたことがなく(これも洋服同様、世間では衝動買いと言うのですよね、笑)

買うのはしょうがないとして、

→1回目に読んだ時に感銘を受けた箇所を書き写す(1回目が一番純粋に心に響いていると思うからです)+棚には20冊まで!! という新ルールを決めました。

そして、愛しい仲間たちは古本屋と図書館に分かれて旅立って行きました。ちなみに・・ガラクタ追放術の本を実はすでに購入していて、2冊になったので頂いたほうを手元に残し、買ったほうは図書館に行ってもらいました。繰り返し多くの人の目に触れ、たくさんのモノ子さん達が救われることを願って。(^-^)

一番心が咎めたのが長い付き合いの友人からのプレゼントでした。すでに友情なのか、腐れ縁なのか、関係が微妙になってきていて・・・。

いつもらったかも思い出せない物は全て”くれた時の気持ちに感謝”して、処分しました。正直、スッキリしました。

いきなり縁を切る・・・ではなく、お互いにとって今のライフスタイルに合った心地いい距離をもう一度作れないかな、というのが今の願いです。

さてこれらのことをやり遂げたかったのには、気分を一新したいということだけではなく他の出来事が関係しています。

それは母が倒れたことでした。

母も物をため込む人で、整理も苦手、お金の管理もあまり上手とは言えなかったと思います。 

そんな私も、気づけば衝動買いの繰り返しで、いつのまにか母に似てしまっているんですよね・・・。

これまでは人にペースを合わせ過ぎて疲れ、友達につられて自分には必要のないものにお金を使い・・と残念な生き方をしてきましたが、整理整頓しながらとことん自分と向き合う時間を持ちました。

そうすることにより、根底に、人から良く思われたいという思いがあることに気づき、さらにはお笑い芸人みたいにもてない女でいることで友情を獲得し、そこを居場所として安心したかった自分に気づいたのです。
こんな感情は必要なかったのに・・・。

そして、これまでなぜか抵抗があった 自分の心地よさを何よりも優先してみる ということを極力してみたところ、ついに私の生活にも劇的な変化が訪れました♪

何年も心にあった恋愛自体もう私には関係ない、という思い込みをいつのまにか捨てることができ、彼氏ができたのです。

その人は会社の同僚で、入社当時から素敵な人だなと思っていたのですが、信じられないことに向こうからアプローチされ、とても自然な感じでお付き合いがスタートしました。
(リアル モノ子です! 笑) 

今はこれまでのみじめな恋愛が嘘のように大切にされ、幸せです。ジーニーさん、本当にありがとうございました。

昔の自分に囚われないように、日々新しい自分であるように、これからもガラクタ追放続けて行きます。


よつばさん、素敵なメッセージをありがとうございました。まさに、リアル・モノ子さんですね!

頑張ってこの本を書いてよかったなあと、しみじみ感じています。

この体験談の中で、僕が特に好きなのは、この部分。

「そうすることにより、根底に、人から良く思われたいという思いがあることに気づき、さらにはお笑い芸人みたいにもてない女でいることで友情を獲得し、そこを居場所として安心したかった自分に気づいたのです。
こんな感情は必要なかったのに・・・。」


この文章を読んで、心当たりのある方は、そろそろそんな時期が終わりに近づいていることでしょう。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー


TOP画面



ジーニーの「エンジェリック占星術」で、新メニューが発表になりました。

知りたい。あの人の心。
あの人に想いを伝えても大丈夫ですか?


・あの人の理想の恋愛の形
・あの人はあなたのことをどう思っている?
・あなたが想いを告げるとき、あの人はどんな反応をする?
・あなたの想いを上手く伝えるために
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, ガラクタ追放キャンペーン, ガラクタ, ,

「本物とはなにか?」というと、人によって定義が違うものなので、なかなか難しいところです。世の中に絶対的に正しい価値観など存在しないと僕は考えているので、なおのこと「自分の心を信頼する」ことが大切なのではないでしょうか。

僕は以前「アンティーク風」のインテリアで、部屋を統一しようとしていたことがありました。この、「アンティーク風」というのが、僕にとっては落とし穴でした。

「アンティーク風」の大量生産品は安価で手に入りやすいものですが、なぜ新しい製品を古いもののように見せかけるだけで、その商品が魅力的に感じられてしまうのか、不思議ですね。

自分のことに限ってお話すれば、「本当はアンティークが欲しいけれど、高くて手に届かないので、アンティーク風ですませよう」として、気持ちをごまかしていたのが真相です。

自分の気持ちをごまかして買った家具は、一見魅力的なように見えましたが、手に入れてからすぐになんの愛情も感じなくなって飽きてしまいました。

冷静に考えれば、僕がそもそもアンティークを魅力的だと感じていた理由は「長い間、誰かに大切にされていたもので、愛のエネルギーを感じることができるから」だったのです。

さらによく考えると、自分にとって大切なことは「そこに愛を感じるかどうか」だけであって、それがアンティークである必要はないのかもしれないと気付きました。

それに気付いてからは、値段やブランド、新品・中古などに関わらず、作り手の愛情が感じられるもの、自分が愛情を感じられるものだけを手に入れるように、方向転換をすることにいたしました。

今僕は、新しい部屋にひとつずつ、オーダー・メイドの家具がそろっていく過程を楽しんでいるところです。

ネット上には注文を受けて家具を作ってくださる工房がいくつもあります。そのうちのいくつは、本当に素晴らしい作品を良心的な価格で販売してくださいます。

↓僕が今お世話になっている工房です。

アーリーアメリカン・コロニアル・ブリティッシュスタイルのパイン家具 
ホワイト*ドイリー 


この工房の高橋さんの作ってくださった家具は、目にするたびに幸せな気持ちになれます。いろいろと僕の希望に合わせてデザインして時間をかけて作っていただいたもので、一生大事にしたい僕の宝物になりました。

家具をオーダー・メイドする習慣は、まだ日本では一般的ではありません。でも、ネットのおかげもあって、既製品をショップから購入するよりも安く「自分だけの家具」が手に入るようになってきたのは、本当に素晴らしいことだと思うので、ここで紹介させていただきました。

「なにか自己表現の手段を探している」人は、高橋さんのように自分の工房で作った作品をネットで販売することを目指してみてはいかがでしょう? 星の配置を見ていると、来年以降こういったビジネスのスタイルが、ますます一般的になるように感じますので、大いに参考になることでしょう。

---

動画企画に当選されたみなさまに、書籍をお送りするのが遅くなっておりまして、申し訳ございません。この2週間ばかり多忙を極めておりました…。必ずお送りいたしますので、もう少々お待ち下さいませ。

当選された方のうち、2名の方からはまだご住所などの連絡をいただいていないようです。迷惑メールフォルダなどに入ってしまったかもしれませんので、お心当たりの方はご確認をお願いいたします。

---

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー






▼ジーニーの「エンジェリック占星術」

~見えないあの人の心を読み解きます。
あの人が抱く希望、願望、欲望~

・今、あの人の気持ちを見えなくさせているものの正体
・どうなりたい? あの人がふたりの関係に抱いている「希望」
・どうしてほしい? あの人があなたに望んでいる「願望と欲望」
・より、あの人の心を知るために




関連記事

関連タグ : 部屋,

アメリカからの旅行者と話をしていて、「今までで一番楽しかった日々は、イスラエルで機内預けの荷物が行方不明になってしまい、なにも持たずに過ごした数日間だった」という話を聞いて、深く共感いたしました。


携帯も、読む本も、ましてやよそ行きの服もなかったけれど、地元の人たちと心おきなく楽しいひとときを過ごすことができたようです。


僕も、思いがけないことが起きて、ほとんど持ちものがないままに数ヶ月暮らさないといけなかったことがこれまでに何度かありました。実際に困ることはほとんどなかったように思います。旅先で役立つと思って鞄につめたガイドブックや、飛行機の中で読もうと思った文庫本などが、本当に必要だったことの方が少なかったほどです。


2001年にスーツ・ケースで海外から東京に戻ってきて、ホテルで住み込みの仕事を見つけて、新しい暮らしが始まったときは最高の気分でした。


ホテルの一室に住まわせてもらったので、生活用品に困ることはないし、なにしろ自分の持ちものがなにもないというのが気分的に爽快だったのです。ぜひとも必要だったものは、最低限の洋服とパソコンくらい。その他になにか必要なものがあれば、ホテル勤務の特権で、となりの倉庫から炊飯器やらお皿やら、なんでも好きなものを借りてくることができました。


その頃には、将来の計画などほとんど考えることはなかったものの、どんな状況に陥っても必ずなにかしら奇跡のようなことが起きて、力強く生きていくことができる確信を深めることができました。


今でも、少しの洋服とパソコンだけを持って、ふらっと旅に出ることのできる自由を失わないように、普段の生活はできる限りシンプルにするようにつとめています。それこそが、過去十数年僕が心の底から求めていたライフ・毎日だったことに気付いたからです。


これは僕にとってしっくりくるスタイルというだけであって、誰にでも当てはまるものではありません。たとえば、お子さんがいらっしゃったり、ペットがいたり、毎日のように世話を必要とする植物がたくさん家にあったりしたら、また違った幸せの形があることでしょう。


でも、形のあるもので、最後に空に持って行くことのできるものは、なにもありません。持って行くことができるのは、楽しい想い出や愛、学びなど、胸の中にしまうことができるものだけ。


それを実体験として理解してからは、買いものをする前になんども考えるようになりました。


「これは本当に、ずっと大事に出来るようなものだろうか? 僕がそれを残していったとしても、他の誰かの役に立つようなものろうか?」


そんな風に考えると、ストレス解消のためにショッピングをすることなどが、無意味なことに思えてくるのです。 

フランス人には「システムD」という考え方があります。世の中なければないでなんとかなるものが本当に多いのです。


そして、自分が本当に気に入って大事に使うことができるものを、時間をかけつつ探すのは、とても楽しい作業でもあります。


現在僕はなかなかお気に入りのティー・カップなどが見つからないもので、耐熱性のグラスでお茶やコーヒーを楽しんでおります。自分ではこれを「お洒落」と思うことはないのですが、そんな言われ方をすることがあると、世の中は確実に変わりつつあるんだなあをしみじみ感じます。 


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。


ジーニー





▼ジーニーの「エンジェリック占星術」

~出会いから未来まで、ふたりの恋の軌跡~

・あなたに与えられる最高の恋
・ふたりを出会わせた物の正体
・この先、ふたりに起こる思いがけない出来事
・この恋を最後の恋にするために

関連記事

関連タグ : ガラクタ追放, ガラクタ追放術, 部屋, 浄化, ,

昨日の記事に書いたように、僕はかつて臨死体験に近い体験をしたことがあります。それも数回。

いわゆる神秘体験のようなものについては、僕自身ほとんど興味がないものでお話することもないのですが、今回タイミングが来ているのを感じるので、その中のひとつについてお話させてください。

数年前の今頃、プライベートなことで精神的なストレスを抱えていた上に、過労と風邪が重なって、近くの医院のベッドで点滴を受けることになりました。

耳元で蚊の鳴くような、耳障りな音がして「こんな秋になっても、まだ蚊がいるだなあ」とぼんやり考えていました。でも、蚊を追い払う元気もありません。

点滴が終わったら、早く次の原稿を仕上げなくてはという思いから、だんだん開放されてきました。「それよりも、まずは元気にならなくては…」

数分の間、蚊は僕の耳元で輪を描くように飛び続けて、「どうやらこれは耳鳴りらしい」と、やっと気付きました。

ベッドは診察室や待合室から離れたところにあったので、他に聞こえてくるのはヒーリング・ミュージックだけ。同じメロディを延々と繰り返すピアノが心地よく思えてきました。

それに耳をすましていると、川のせせらぎが遠くから聞こえてきます。良くできたBGMです。

しばらくすると、クジラの鳴き声も響いてきました。なんだか、幸せな気分。

僕は柔らかな、真っ白な光に包まれています。そして、7つのチャクラをひとつひとつ越えて、頭頂部のチャクラを越えて、さらに上の方にあるチャクラまで昇っていきます。じつはチャクラは7つだけではなく、その上にも第8チャクラ、第9チャクラという感じで続いているのです。

「そうかあ、こういうことなんだ…。でも、最後を迎えるのって、こんな穏やかな気持ちなんだ。とりあえず、あの原稿を仕上げることができて良かった」

ここまで来て、また仕事のこと思い出しましたが、家族関係や対人関係のストレスなど、細かいことは本当にどうでもよくなってきました。

「僕が今死んだら、一番最初に連絡が行くのは親分(僕の元旦那)かな…。僕の部屋の鍵を持っているのは彼だから、多分そうだろうなあ。でも、僕の部屋にあるものを、彼に処分してもらうのは、申し訳ないなあ」

…このあたりで、自分の部屋の様子が見えてきます。

「ずいぶん散らかっているなあ。でも、彼なら僕の散らかった部屋を前にも見たことがあるから、別に驚かないだろうけど。それにしても部屋にあるものは、ガラクタばかりだ…」

自分の部屋にあるもので、空の上に持って行きたいと思えるものは、なにひとつありません。

「いろんな人と、いろんなことがあったけれど、これで良かったんだなあ」

やがてもっと高いところへと昇っていきます。じつに穏やかで、気持ちのいい世界です。

「でも、なんの罪も責任もない、元彼にガラクタの処分だけを押しつけて去るのは、悪いかも…」

このあたりで、やっと現実的なことを思い出しました。

「そうだ、どうせなら、もっとやりたいことをやってからにしよう」

「せっかくの人生だから、やりたいことをやろう」

「細かいことを気にしないで、好きな人たちと生きよう」

「もうちょっと、生きることにしよう」

「そうだそうだ」

……。



点滴が終わりました。

こんな体験を無事に乗り越えることができて、やっと誕生したのが僕の「エンジェリック占星術」や、その後に出版された書籍であるわけです。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー






▼ジーニーの「エンジェリック占星術」

~出会いから未来まで、ふたりの恋の軌跡~

・あなたに与えられる最高の恋
・ふたりを出会わせた物の正体
・この先、ふたりに起こる思いがけない出来事
・この恋を最後の恋にするために



MISTY 11月号で、僕の人生を変えた英語教材を紹介させていただきました。

関連記事

関連タグ : ガラクタ追放, ガラクタ追放術, 部屋, 浄化, ,

「ガラクタ追放キャンペーン」を始めてから、素晴らしい体験がたくさんありました。つい最近、やっと思い切ることができて、家具を大幅に減らすことに成功!

家具を処分するのにお金がかかるので、どうしたものかと思っていたところに抜群のタイミングで、友人が僕の手放そうと思ったものを「全部欲しい」と言ってくれたのです。彼は、自分の使っていた家具が古くなってきたので、「新しいものをいろいろ揃えたい」と思っていたのだそう。

「大物」を手放すのは難しいこともありますが、「小物」からマイペースで始めると、徐々に準備ができてくるようです。

増えてしまいがちな小物のひとつは、筆記用具をはじめとする文房具。デザインの可愛いものは、つい欲しくなってしまうので僕も気をつけています。

昨年のことになりますが。世界的に有名な企業の役員の方を訪ねる機会がありました。驚いたのは、その方の広いお家に「黒のボールペン2本、赤のボールペン1本」しかなかったことです。

この方は仕事で重要な判断を下すポジションにいらっしゃるのですが、「判断力とペンの数には関連があるに違いない」と直観いたしました。

それから、僕もたくさんあったペンを手放し、ほんの数本だけを手元に残すことにしたのです。結果はすぐに現れて、執筆や取材の依頼が絶えないようになり、現在は取材依頼の3分の2はお断りしているような状態です!(本当にありがたいことです…)

ご自宅でもオフィスでも、判断に迷うことが多いようであれば、不用な筆記用具を手放すことをおすすめいたします。

○次回の新月は、7月12日04時41分、かに座にて。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。 ジーニー






ジーニーの「エンジェリック占星術」に、今年後半の恋愛運が追加になりました。


【エンジェリック特別版!】2010年後半のふたりの恋の運命


・2010年後半、あなたの恋に訪れる変化
・2010年後半、あの人の恋に訪れる変化
・2010年後半、ふたりに起こる出来事
・絆を強めるために求められるものは?

関連記事

関連タグ : ガラクタ追放キャンペーン, 部屋, 掃除, 浄化,

昨日は節分でしたね。僕は今回豆まきよりも大切なのは、まず部屋のそうじであるように感じたので、水回りを重点的にきれいにしました。

水回りは大事なのはわかっているけれど、つい後回しになってしまう部分。お風呂のそうじは、ホウホウ先生おすすめの「酒風呂」に入ったついでにすませました。長風呂のついでにお風呂そうじ、習慣にするつもりです!

本当に不思議なのですが、とても久しぶりの友人たちからのメールが相次いで、その効果に感激しております。とどこおっていたエネルギーが、きれいに流れるようになったように感じます。

ところで、占いの原稿を書きながら嬉しくなったことがありました! 今度のバレンタインデーは新月と重なるんです! きっとたくさんの新しいカップルが誕生して、お付き合いの長いカップルにも素敵なことがあるでしょう。


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : お知らせ, 部屋, 浄化,

スウェーデンはストックホルムに住む友人が昨日メールをくれて、

「部屋にあるいらないものをどんどん捨てています」

と言うので、心底驚きました。友人はスウェーデン人で日本語が読めないので、このブログは読んでいないはず。

これはもう、まさしく「ガラクタ追放キャンペーン」が伝染したに違いないと、勝手に信じております。

キャンペーンにご参加くださった方の中には、「身近な人が急にガラクタを片付けはじめて驚いた」という方もたくさんいらっしゃるようです。

こんなことがきっかけで、少しずつ地球がもっときれいな場所になって、宇宙に向けて幸せなエネルギーを発する星になってくれたらいいなあと思っています。

「地球ブログ」に、強力な浄化の光をアップしておきました。よろしければご覧くださいませ。

「天使が語りかけるとき」

---

ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。よろしくお願いいたします。

見えていますか? あの人が秘めている「本当の姿」、この恋の結末

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : ガラクタ追放キャンペーン, 部屋, 浄化, ,

11月11日、1並びの日で、気分がリフレッシュしている人も多いのではないでしょうか?

今日はお知らせがいっぱいあります! ひとつの記事でこんなにリンクを貼るのは、はじめてかもしれません! 

○9月9日から僕が個人的にはじめた「ガラクタ追放キャンペーン」の、成果を発表いたします。じつは、思いがけなくMyBirthday Happy Web で取材記事にしていただきましたので、下のリンク先で詳しくお話させていただきました。

MyBirthday Happy Web 速効!運が良くなる「ガラクタ追放キャンペーン」


マンゴー・プリンの空き瓶を手放したことが、こんな結果につながるとは、まったく予測もしていなかったことです。効果は人によって違うものですが、なにしろ「すっきりした気持ち」を取り戻すこと、それがすべての始まりなのではないでしょうか?


○ジーニーのエンジェリック占星術に新メニューが追加になりました。

「ジーニーと見つめる、2010年あなたの恋愛の流れ」



すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー

関連記事

関連タグ : お知らせ, 部屋, 浄化, 星占い, 占い,

僕ジーニーの新刊、「幸運を引き寄せる 12人の天使」の予約が amazon.co.jp で始まりました! 発売日は11月25日。11月一杯は送料が無料になるようです。



新刊の詳しい内容につきましては、また近日中にお知らせいたします。

この本の執筆にあたっては、本当にたくさんの方からインスピレーションと、ご協力をいただきました。本当にありがとうございます!

いつも僕のブログや占いを楽しみにしてくださっている何千人、何万人もの方のおかげで、1年に二冊も本を出版することができて、本当に幸せです!

人生で縁あって出会うことのできた、みなさんの一人ひとりが、僕にとっての天使です! そんな思いと感謝の気持ちをこめて、この本を書きあげました。どうぞよろしくお願いいたします。

---

相変わらずマイペースでガラクタ追放キャンペーンを続けております。最近の「大物」は掃除機。部屋のインテリアの一部にもなるような、スタイリッシュな外観だったのですが、なにしろ掃除機としての機能性があまりよくなくて、使うたびにいらいらさせられていたのです。

過去に「ルックスだけで掃除機を選んでしまった」自分の行動を反省しつつ、感謝の気持ちで手放すことに成功いたしました。

ほかのガラクタをずいぶん手放したおかげで、掃除機を収納するスペースが空いたので、新しいものを購入。お店で使い心地を試したところ、あまりに気持ちよくごみを吸いとってくれるので、店中をそうじしたくなってしまいましたが、店員さんの目が気になるので5分ほどでやめて、家に連れて帰ることに決定。

カレンさんの本に「アイロンの女王」のお話がありましたが、現在の僕は「掃除機のプリンス」に夢中です。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー





関連記事

関連タグ : 占い, 星占い, 部屋, 浄化, ,

シンプルで、かなりするどい心理テストがあります。有名なので、ご存知の方も多いと思いますが…


考えずに、直感でぱっと答えてみてくださいね。


「あなたにとって、腕時計とはどんな存在ですか?」


これだけです。誰に聞いても違う答えが返ってくるので、一時期はそれが面白くて仕方ありませんでした。


腕時計は、その人にとっての「恋人」を意味するらしいです。


以下は、これまでに聞いたユニークな回答の、ほんの一例。


「邪魔だね!」(女性)

「周りの人がみんな持ってるから、自分はいらない。時間が知りたい時は人のを見ればいい」(男性)

「ひとつ買うと、次々いろんなものが欲しくなっちゃうから困る」(女性)

「とっかえひっかえ!」(女性)

「仕事に必要! いい時計をしてると、いい仕事ができる気がする」(女性)

「いつも狂わせちゃうんだよね」(男性)

「アクセサリーみたいなもの、見かけが大切!」(女性)

「しっかりはめてます!」(男性)



…まさに今、この記事を書きながら、数週間前に捨て切れなかった腕時計の存在を思い出しました。


香港でホテルの仕事がなかなか覚えられず、ちょっと辛い思いをしていた頃に買った、「上海灘」というお店の腕時計です。


レトロなデザインで、文字盤が漢数字なんです。


しかも、新しい仕事でもらった最初のお給料で買いました。


いやあ、しかし。動かない上に、革のベルトがすり切れています。修理して、ベルトを交換しても、恐らく二度と使わないだろうなあ…。うーん。


感謝の気持ちを込めて、手放します!(やった!)


ちなみに、最近は携帯やスマートフォンのおかげで、腕時計を持たない人も増えてきているので、腕時計の意味がますます重要になってきています。


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー


ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。
「終わらせてしまいましょう! 心の天使が教える、混乱からの脱出方法」



関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化,

僕にとって「大物」のガラクタ、パソコンはさすがにちょっと気合が必要でしたが、成功しつつあります!

まずは、20年も前から大量にたまっていたフロッピィ・ディスクを一枚ずつデータ消去しながら、古い記憶とともに手放す準備をしていると、どんどん気分が軽くなっていくのがわかりました。

かつて小説家を目指していた頃の作品が、それぞれに命をもっているかのように、僕の心の中でずっと騒ぎ続けていたのです。封印をしていたつもりでも、手元にデータがあったので、「過去のこだわり」を常に抱えていたのでしょう。昔自分が書いたものを、心の拠り所にしていた部分もありました。

「さそりいぬ」さんから、こんな素晴らしい体験談をいただきました。どうもありがとうございます!

生きるための目標を見失ってしまい、気分が底辺をさまよっていたので、この流れを変えようと、今まで心の拠り所に(依存)していた本を思い切って処分してみました。

その晩、少し瞑想をしていたら、今後の目標になるであろうアイデアが突然浮かび、次の日には、そのアイデアを実現するために必要なキーワードがどんどん頭の中に湧き出てきました。

この出来事は昨日になりますが、沈んでいた気持ちが今では上昇気流に乗り、「このアイデアを実現するために私は何ができるだろうか」と終始考えるようになりました。ついでに、欲しいものが手に入りやすくなりました。

自分でも信じられませんが、嘘のようで本当の話になります。ガラクタを捨てたことは、私にとって精神面で大きな変化をもたらしました。思い切って捨てるのも、たまには必要なようですね。


「最大の師は自分の中にいる」という言葉を実感するような、幸せな出来事ですね! 

僕の当面の目標は、「カレンさんの本を手放せるまで続けること」です。まだ、もうちょっとかかりそうですが、マイペースでいきます。





すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, ,

今日(10月2日)、東京では一日雨降りでした。夜になって空が一ヶ所、白く光っているのが見えて、月が満ちてきたのがわかりました。いつものことなんですが、空にお月様を見つける瞬間は本当に幸せです。明日の中秋の名月、短い時間でも見られるといいですね!


新月に願いを書かれた方は、ぜひ満月の頃に見直して、願いが叶いつつあるサインを見逃さないようにしてください。時間は特に気にしなくても大丈夫です。


そして、満月は心身の浄化や手放すことに最適なタイミングです。僕もそろそろ、ガラクタの大物に取りかかる予定。


僕にとっての大物は、古いパソコン(デスクトップ1台、ノート2台)です。パソコンの処理は回収をお願いするのがなんとなく面倒だったりしますが、僕がなかなか処分できなかった本当の理由は、それに古いデータが入っていることなのです。


心のどこかに「いつかそれが必要になるかもしれない」という思いがあったのでしょう。今回はハードディスクのデータをそっくり抹消してくれるソフトを買って、準備してあります!

「ガラクタ追放キャンペーン」、まだまだ続けますよ。少しずつ部屋が広くなってきて、気分がいいので、しばらくやめられません!




すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化,

ブログの読者で「ガラクタ追放キャンペーン」に参加されている、Maruさんからこんなメールをいただきました。ご本人の許可をいただきましたので、紹介させていただきます。

少し前から、家の中の不用品を処分していたのですが、ジーニーさんが「ガラクタ追放キャンペーン」をしているのを知ってから、徹底的に、かつマイペースで進めています。

ひとつ、自分で気になっているのにどうしても手放せないものがありました。前彼に貰ったネックレス・・・。ものすごくお気に入りだったのも手伝って、手放したい自分の心を見て見ないフリしていたんですよね。
それが、9月24日の記事を読んで、やっと手放す行動に出られました。首からネックレスをはずした瞬間から肩が軽くなった気がします。肩こりも治るかもしれませんね(笑)

ざっと見積もって3年間も手放せなかったものを、よーやく手放すことが出来ました。
ありがとうございます!!!


爽快でハッピーな気分が伝わってきて、僕も嬉しくなりました! ありがとうございます!!!

恋人からプレゼントされたもの、特にアクセサリーなどは手放すことが難しいものの代表のようです。センチメンタル、ロマンティックな思い出があると同時に、金属や石はエネルギーがこもりやすからです。

インスピレーションがあったもので、新しい提案をひとつさせてください。

「なかなか手放せないものは、まず浄化をしてみましょう」

洋服に関しては、一度洗濯をすればエネルギーがかなり浄化されます。アクセサリーの場合は、ご自分のお好きな方法で浄化をどうぞ。

よろしければ、過去記事も参考にされてください。

「浄化にオススメのグッズ」
「指輪物語」





すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, クリスタル,

引き続きガラクタ追放キャンペーンを個人的に実施しているわけですが、たくさんの方が参加してくださっていて(数十名の方から参加表明のメールをいただきました!)、とても幸せな気持ちで一杯です。ありがとうございます!

みんなでガラクタを片付けるのが、こんなに楽しいとは、僕にとっても予想外のできごとです! そして、本当に不思議なことに、たくさんの方から同じような体験談をいただいております。海外からもメールをいただいているので、世界中でシンクロが起きているようですね。

以前にもお話したように、特に「こうしなくてはいけない」ガラクタ整理のルールがあるわけではありません。ご自分の心と対話しながら、無理をせず、マイペースで進めていきましょう。

過去の恋人やパートナーとの思い出があるものに関しては、かなりデリケートな課題です。特にそれが、お気に入りのものだったりすると、なおのこと。

もしもあなたが新しい恋人・パートナーを探しているならば、将来の相手のことに置き換えてイメージしてみるのはいかがでしょうか。

「新しい相手が、過去に付き合っていた人との思い出がある服を、今でも着ていたら、どんな気分になるか」、想像してみると助けになるかもしれませんよ。

いずれにしても、「小物」を片付けているうちに気分がすっきりしてきて、「大物」についても判断がしやすくなることでしょう。ご自分にとって、心地よいペースでどうぞ。

さて、僕は今回ガラクタを片付け始めて、「ある法則」を発見しました。何かを手放すと、同じジャンルの新しいもの・より良いものが手に入るのことが多いのです。こんな具合に。

○過去の仕事の資料を手放したら、新しい仕事の依頼をいただいた。
○着ない洋服を手放したら、ちょうど探していたものが安価・無料で手に入った。
○読まない本を手放したら、行方不明だった必要な本が見つかった。

この法則が正しいかどうか、ちょっと実験をしてみることにします。

部屋に「マンゴー・プリンの入っていたガラス瓶」が7個あります。最初は花を飾るのに使って気に入っていたのですが、最近は「部屋の隅でほこりをかぶっている、単なる空き瓶」になっていました。

これを手放すことによって、何か新しいものが手に入るかどうか試してみます! この記事をアップしたら、さっそくリサイクルに回すことにしますね。



すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化,

MyBirthday Happy Web でインタビュー記事が掲載されております。ぜひご覧ください!

「ジーニーさんに聞いたよ! 世界の占い事情」

・・・

ガラクタを処分された経験のある方、それも複数の方から、「ガラクタを片付けたら、自然に体重が落ちた」という体験談をいただきました。ありがとうございます!

ガラクタを捨てたことによって、心の底に抱えていた恐れを手放すことができて、自然に食生活にも良い変化がでるのでしょうね。僕自身も、過去に同じことを経験しています!

カレンさんの本に、アメリカの有名なテレビ司会者、オプラ・ウィンフリーさんのこんな言葉が掲載されています。

過去十三年間体重で悩んだ末に気がついたのは、ためらいの原因を心の中から取り除かない限り、肉体をコントロールすることは出来ないということでした。人生が向上していかないのは、私たちが本来こうであるべき自分になるのに、ためらいを感じている原因があるからなのです。

なるほどなあ、と思います。



ガラクタを片付けるにあたって、難しいことのひとつは「センチメンタル、ロマンティックな思い出のある物」です。特にそれが、別れた恋人やパートナーに関する思い出を呼び起こす物であれば、ためらってしまうのは無理もないことでしょう。

一度に処分するのが難しければ、まずは目に付くところにおいてある物を、段ボールなどにまとめて入れて、ベランダや玄関先などに数日おいてみてください。そしてその間に、その他の物をどんどん処分していきましょう。

ほんの数日の間に、もやもやした気持ちが消えて、段ボールに入れた物を楽に手放すことができるようになります。それが終わったら、目に付かないところにしまってある物にも取り掛かりましょう。

処分の際、僕がオススメする見極めのポイントはこれです。

「新しい恋人ができたときに、部屋にあったら具合が良くないもの」


これに当てはまるものは、徐々に手放していきましょう。何よりも、自分自身が気分爽快になります。

手放すのが難しいものがあっても、どうぞそこで諦めてしまいませんように… 段階的に処分していくことと、他のものをどんどん処分していくことが有効ですよ。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, 掃除,

メールマガジン「新月の願いはもっと叶う!」の最新号は、こちらからご覧いただけます。

まぐまぐ!殿堂入りメールマガジン「新月の願いはもっと叶う!」


・・・・・

「ガラクタ追放キャンペーン」にご参加のみなさま、たくさんの素敵な体験談をありがとうございます!

面白いことに、複数の方から同じような体験談をいただいております。

○ちょうどガラクタを片付けようと思ったら、僕のブログでキャンペーンを知った。
○ガラクタを片付けたら、身近な人が同じことを始めた。
○ガラクタを片付けたら、古い友人から連絡があった。

などなど…。

○一番のお荷物だった、くされ縁のようになっていた恋人と別れることができた。

こんなお話も、よく耳にいたします。

僕の方も、面白いことを体験しました!

数日前に、「18歳の頃(22年も前)に手にして、4度しか着なかったスーツ」を手放しました。これを手放せなかったのは、たくさんの理由があったようです。

「両親に買ってもらった、最後の洋服だった」
「ある仕事のために買ってもらったのに、その仕事を結局選ばなかったことが、心残りだった」
「安くない買い物だったので、それ以上のものが手に入らない不安があった」

洋服を始めとする、布製品は特に波動が残りやすい性質を持っています。最後に着て以来、クリーニングにも出さなかったので、当時の波動をそのまま発していたのでしょう。これを手放したら、その後も次々と不要な服を気楽に手放すことができました。

そして、昨日のこと。カナダから旅行に来た友人が、僕のお気に入りの現地の店で買ってくれたTシャツとズボンをプレゼントしてくれました!!! 


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, 新月, 叶う, 願い事, 願い, 書き方,

個人的に「ガラクタ追放キャンペーン」を続けております。

今回は、大きなものを捨てていないのに、部屋がとても広く感じられて不思議です! キッチンには手をつけていないのに、キッチンの上の空間が明るくなりました。

空気がすっきりして、部屋の中が「うす曇り」から「快晴」に変わったような感覚。一度体験すると、もうやめられません!

新月の願いにも、塩まじにも共通して言えることですが、ガラクタ整理に「こうしなくてはいけない」方法があるわけではないので、細かいことを気にせずマイペースで気楽にいきましょう。

お友達に差し上げるのも、チャリティに送るのも、オークションに出すのも、みんなオーケーです。ポイントは、不要なものを自分の部屋から物理的に追い出すことなのですから。

今日の午後、古い英語の辞書を手放したところ、部屋で行方不明になっていたフランス語のテキストをしまった場所を、突然思い出しました。そして、数十秒後、本当にそこに見つかりました! これはもう、「フランス語を改めて勉強しなさい」という、潜在意識からのメッセージでしょうか?

カレンさんの本は素晴らしい内容なので、より詳しいことをお知りになりたい方は、ぜひご一読を。



すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, 塩まじない,

クリスタルの浄化の方法について、お問い合わせをいただきました。

○流水で洗う
○太陽の光に当てる
○満月の光に当てる
○ホワイト・セージやお香などの煙にさっとくぐらせる

などなど、いろんな方法があります。

セージは物や場所の浄化に役立つ、パワフルなアイテムですが、匂いについては好き嫌いが分かれるようで、火を扱うので場所によっては使いにくいこともあります。

この2年ほど、ホワイト・セージに加えて、オーラソーマから出ているクイントエッセンス・セラピスベイを愛用しております。





スプレーボトルなどに入れて、水で薄めて使うこともできるし、携帯にも便利です。


僕は、ほんの数滴、手のひらにとって石をなでるようにして浄化しています。これだと、場所を選ばないし簡単でにおいもほとんど気になりません。

ラベルには「香水」と書いてあります。化粧品扱いで輸入されてくるのでしょうか? メンズのコロンをごく軽くしたような、ややスパイシーでさわやかな香りです。

・・・・・

「ガラクタ追放キャンペーン」に関連して、たくさんの方から体験談をいただいております。ありがとうございます!

「ガラクタを捨てるうちに、親の期待に応えようとする自分と、本当はこうしたいと思う自分とが一体になって、すぐに楽になり、毎日が心地よくなってきました」というご報告をいただきました。

まさに「本当の自分が見えてきた」素晴らしい体験ですね! ありがとうございます。

僕もここ数日で、さらにたくさんのものを手放しました。本当に長いこと、何故か捨てられなかったもののひとつは、数枚の古い紙切れです。

現在の自分が活用していない、資格の免状

これが心のどこかで、とても重荷になっていたようです。

「二十年も前の自分が頑張って取った資格なのだから、いつか役立てなくちゃいけないのではないか」という気がしていたのです。

冷静に振り返ると、自分の能力そのものよりも、資格の認定を行った企業・団体のことを信頼していたのでしょう。

不思議なことにそれを手放したら、世界中どこに行ってもなんとか暮らしていける気持ちがわいてきました!


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, クリスタル,

たくさんの方から「ちょうどガラクタ整理を始めたところでした」とメールをいただき、嬉しい驚きを感じております。

時として、ガラクタを捨てるのに漠然とした不安を感じることがあるのは、僕も何度か体験しています。無理をせずに、小さなものから片付けるようにすれば、徐々に楽しくなってきて、不安が消えていくことでしょう。

僕も、「まずは小さな所から」と思い、洗面所の下から開始。

ブログの写真のとおり、現在は坊主頭にしているにも関わらず、10種類ものヘア・ジェルやワックスが出てきました。

これを捨てられなかったのは、「気まぐれな自分のことだから、そのうちまた髪を伸ばすかもしれない」という思いがあったからです。つまり、自己不信が原因していました。

買ったのはいいけれど、どうも匂いが気に入らなかったりして、使わなかったエコ洗剤などを次々と捨てたら、クイックル・ワイパーのシート20枚を発見! これはお気に入り! やった!

そらから数分後、クイックル・ワイパーを使って床を掃除して、幸せな気分にひたっている自分を発見! ついでに、久しぶりにそれで鏡も磨いてみました。

…ガラクタを捨てると、自分が見えるって、本当です! 


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー

関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化,

今日は2009年9月9日。999という、物事の完成を象徴する日に、古いものを手放すことにしたという事実に、宇宙の大きな流れを感じます。

ただいま、個人的にガラクタ追放キャンペーンを実施中。難しいことは何にもありません。ただ、いらないものを部屋からどんどん片付けていきましょう。

期間も限定せず、マイペースで良いと思いますが、とりあえず僕は自分なりのルールを2個だけ決めました。

「毎日必ず、ひとつでも何かを捨てる」
「カレン・キングストンさんの本を、人に差し上げたくなって手放すまで続ける」




すでにシンクロがあった方から、「キャンペーン参加表明」のメールをいただいております。ガラクタを手放している過程で、なにか面白いことがあったらぜひ教えてくださいね。左下にあるメールフォームからどうぞ。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー



「ジーニーのエンジェリック占星術」
新メニュー「今はすれ違っていても……。 あの人との間に見つかる幸せ」が追加になりました!

関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化,

おなすさんが、「豊かさの40日プラン」をスタートされるようです。

おなすインフォメーション

実は、すでに「40日プラン」を実行していたふたりのうちの、ひとりは僕なんです。数年前に、ドリーン・バーチューつながりで知り合ったアメリカ人女性から、「ドリーンのオススメの本」と紹介され、ピンときたので、すぐに取り寄せてはじめました。今回、やっとこの本の日本語版が出版され、とても嬉しいです。




豊かさについての意識を、根本から改善するために素晴らしい効果があり、結果僕の人生はまったく違うものになりました。40日で終了するプランですが、ほんの数日目から効果が徐々に現れたので、驚きでした。

意識の変化が現象をともなって、次々に面白いことがおきて、何が豊かさの流れをさまたげていたのか、はっきりと知らされました… すべては「自分の作り出したもの」だったのです。

さてさて。今日はインスピレーションがわき、この本を再購入いたしました。





この本に出会ってから、これまでに数回ガラクタ整理をしましたが、それがすむ度に必ずこの本を必要としている人と会うのです。

迷わず差し上げることにして、この本も手放しました。そんなわけで、何度も買いなおしているのですが、5回も買いなおした本は、これが初めて。

今日、9月9日から「ガラクタ追放キャンペーン」を実施します。参加されたい方は、ご自由にご参加くださいませ。難しいことは何にもありません。ただ、いらないものを捨てるだけです。

「水星の逆行」という現象が空で起きているところなので、古いものを手放す、好ましくないと感じている習慣を手放すのに、とても良いタイミングですよ。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー



「ジーニーのエンジェリック占星術」
新メニュー「今はすれ違っていても……。 あの人との間に見つかる幸せ」が追加になりました!

関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化,

ガラクタ整理で難しいことのひとつは本でしょうね。これに関しては、どう整理するのがいいのか決定打がないような気がします。

これは「あくまで僕自身について言えること」ですが…

1.買ったまま読まなかった本は、きっと今後も読まない。

2.何度も読み返した本は、きっと今後も読む。


こういう法則を最近発見いたしました。

このシンプルな法則を発見する前は、ガラクタ整理の際に逆のことをしていたのです。おかげで読まなかった本がそのまま残り、好きだった本をもう一度買いなおすことになりました。

昔好きで何度も読み返した本は、自分にとって価値のある内容であるので、しばらくたつとまた手に取りたくなるようです。料理本や実用書など、どんな本でも大体それは同じ。さんざん読んだから、もういいかと思って手放したものの中に、絶版になってしまったものもたくさんありました。自分にとってのクラシックですね。

あ、もうひとつ発見したことが…

3.リサイクルで安く買った本は、読まなくても惜しい気がしないのできっと読まない。

100円のコーナーには行くときは、気をつけようと思います。 
関連記事

関連タグ : 浄化, 掃除, 部屋, 開運, シンプル・ライフ,

うちの母は生前ものを何でも取っておくのが好きで、僕が子供の頃から実家には大中小の箱が一杯ありました。

そのうちのひとつは編みものの道具や色とりどりの毛糸だま、編みかけの作品の入った箱。兄と僕が生まれる前には編みものが好きだったようで、いつかまた編みものをするためにとってあると何十年も言い続けて亡くなりました。

何度かお話したように、僕はかなり長いこと実家と絶縁状態が続いていました。母が肺の病気を患ったことをきっかけに交流は復活しましたが、母は僕をその後も実家に招いてくれることはなかったのです。ちょっと事情があって家に呼んであげられなくてごめんね、という手紙が来たので、きっと僕に知られたくない事情があるのだろうと思いました。

兄も長年精神状態が不安定なまま仕事もできずにずっと家にいるし、父は不慣れな家事と看病に疲れたのか、僕に実家に帰ってきて欲しいと頼んできたことがあります。僕が時々家に行って手伝いをしようかと申し出ると、「嬉しいけど、いいわ」と母にあっさり断られてしまいました。

母が入退院を繰り返すようになってしばらくして、父は実家のマンションをもう少し小さい所に買い換えました。同じ町内での引っ越しです。家の中があまりに散らかっているので、引越しを機にもっとすっきりした生活を目指したいというのがその理由です。

母が入院中の2006年12月に引越しが終わりました。それからすぐに母の退院が決まり、2007年の正月に母は新居に招いてくれました。新居での初めての正月でした。それからすぐに再入院をして、退院できないまま母は亡くなりました。

どうして母は僕を引越し前に呼んでくれなかったのだろうと、少し前に父にメールで何気なく聞いてみたら、父から短い返事がきました。

「家の中が散らかっていたからです」

なんともはや… 

母の病気は原因不明の肺病ということでしたが、僕には家の中がガラクタで一杯になっていて、ホコリとカビが原因になっていることがはっきり判っていました。



2年ほど前に、カレン・キングストンの本を母に送ったものの、その頃にはすでに母の病気は大分進行しており、とても自分で片付けができない状態のようでした。「この本を読むと、ガラクタを片付けるだけでいいことが一杯あるみたいねえ」と言う、電話口の弱々しい声が今も響きます。
関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, 掃除,

僕のうちは自宅兼セッション・ルームなので、毎日のようにクライアントさんが訪ねてきてくださいます。

初めて来られる方からは、よくこんな感想を聞きます。

「とてもきれいにしているんですね!」

「ものがなくて、ここに住んでいないみたいですね!」

「すごくシンプルで生活感がないですね!」


本当に、僕のクライアントさんはなんて親切な方ばかりなんでしょう? 嬉しいです。

本当は、片付けがとても苦手です。

それでも、自宅をセッション・ルームにする以上それなりにきちんとしなくてはいけないわけで、ごちゃごちゃした部屋にしない工夫をいくつか取り入れています。  

○低い位置に物を配置する

なるべく立ったときの目線よりも下にすべての物を配置するようにすると、かなりすっきりして見えるようです。

○たくさんの色を使わない

色を上手に使いこなすにはかなりのセンスが必要なので、部屋に置くものは極力白かライト・ブラウンのものだけにしています。無印良品の大ファンなもので。

……いくつか、と書いておきながら本当はこのふたつだけだということに気づきました。これだけ守ると、かなりすっきりしたお部屋に見えますよ。

あ、それから。

○ひんぱんに人を招く

自宅に人を定期的に招くことを考えると、片付けが面倒にならないように自然に散らかすことを避けるようになりました。

センスの良い部屋を作るのは元々センスの良い人でないと難しいと思いますが、センスが良いと思われる部屋にするというのは意外と簡単です。可愛いもの、美しいもの、自己主張の強いものをあんまり買わなければいいのです。逆説的ですが本当です。 





このあたりの感覚を僕は佐藤絵子さんから学びました。絵子さんは日本とフランスのハーフで、コーディネーターとして日本・フランスを行き来している方で、僕の憧れの存在です。

以上、僕のように片付けが苦手な方のためのワンポイント講座でした。シリーズ化しようかと考え中。

関連記事

関連タグ : 掃除, 部屋,

実は10月末に同じ町内でセッション・ルームを移転いたしました。事後報告ですみません。現在のセッション・ルームはより新宿駅に近いところ。クライアントのみなさんが落ち着ける癒しの空間を目指し、少しずつ部屋作りをすすめております。

あまり知られていないことですが、この都庁をはじめとする超高層ビルのある西新宿一帯はとても気の良いエリアです。以前のセッション・ルームは動的なエネルギーの強い場所でした。

日当りが良くて、風通しと気の流れが良くて、そこにいるだけでも運気が上がるパワフルな場所だったので、僕が出た後に友達が入ってくれたらいいなあと以前からひそかに願っていました。実はこの部屋は縄文時代のエネルギーが流れる場所なので、ここを癒しの空間として残せたのは嬉しい出来事でした。

一方で僕の新しいセッション・ルームは穏やかなエネルギーに包まれ、直接世界中につながる宇宙ステーションのような場所です。好きな家具を選んだり、いろいろとインテリアの工夫をしているうちに気付いたのは、新しいセッション・ルームが子供の頃からひそかに心の奥で描いていたような部屋になりつつあるということ。誰にも気兼ねなく、自分の好きな部屋で自分の好きなことを仕事にして生きている今が本当に幸せです。

部屋と人との間には引き寄せの法則が働いています。部屋の方も、自分のことを気に入ってくれる人を引き寄せるのだと考えるとわかりやすいでしょう。部屋に対する感謝の気持ちを忘れなければ、必ず部屋は助けてくれますよ。

部屋を見ると人がわかるというように、部屋のエネルギーと人のエネルギーは限りなく同調してゆくものです。そうだとしたら、部屋をいつもきれいに掃除して、快適に保つという作業がなにを意味するのか、もう説明するまでもありませんよね。


関連記事

関連タグ : 引き寄せの法則, 掃除, 部屋, ザ・シークレット,

先日母の遺品を片付けていたら、小さな木箱が二つ見つかりました。
なんだろうと思って兄と二人で開けたら、なんとそれは「へその緒」だったのです。

これは僕にとってどんな意味があるのだろうと思って、エネルギーをリーディングしたところ、自分の原点に直接つながるような大きな優しさを感じたので驚きました。

もしもお手元にご自分のへその緒があったら、それはある時何かの役にたつのかもしれません。

ここでまた、不可解な子供の頃の記憶がよみがえってきました。 

自分のへその緒はなんとなく不恰好な一方、兄のもの方がつやが良くて可愛いかったので、勝手に中身を入れ替えておいたことがありました。ちゃんとそれを思い出したので、兄と僕のそれぞれの箱に正しいへその緒を入れなおしました。

部屋の片づけをすると、思いがけない発見が一杯です。 


ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門 ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門
カレン・キングストン、田村 明子 他 (2002/04)
小学館

この商品の詳細を見る

↑数年前にこの本を買って感動して人にゆずったものの、最近二冊目を買ってしまいました。いわゆる風水とは違うけど、風水以前に重要なことを教えてくれる最良のテキスト。 
関連記事

関連タグ : 部屋, 掃除, 浄化,

先日、うちの近所で信号が変わるのを待っていたら、遠くから鈴をりんりんと鳴らしながらやってくる不思議なおじさんに遭遇。


「あ、あの鈴はなんだろう? いいなあ」


と思ったら、うっかりそのそのおじさんと目を合わせてしまいました。
信号でおじさんが僕に話しかけてきて、


「いいでしょう、これ! 熊よけの鈴!」


と、僕の目の前で嬉しそうに鈴を振ってりんりんと鳴らしてくれました。一瞬ですがおじさんと通じてしまったようです。


ここは東京の都心なんで熊出没注意とかのサインはあんまり見かけないんですけど。よほど僕が熊好きのオーラでも放っていたので、鈴を鳴らしたのでしょうか? 


別にこの熊よけの鈴である必要はちっともありませんが、ベルや鈴というのはかなりパワフルに場のエネルギーを変えてくれます。なんとなく重いエネルギーを感じたりする時にりんりんと鳴らしながら、お部屋を壁にそって時計回りにぐるっと一周するか、体の周りで鈴を鳴らして音で体中を包んでみましょう。


旅行先などで鈴がない時は、キーホルダーをじゃらじゃらさせると良いです。あるいは、小銭入れを振るとか… 

関連記事

関連タグ : ヒーリング, 部屋, 浄化,

掃除で運気をあげるという「そうじ力」が話題になっていますが、掃除に関してはこれ以上のものはないかもしれません。


本当に三日で効きましたよ、これ。友達からもらった冷蔵庫が夏に壊れてしまい、セッション・ルームのベランダに何ヶ月か放置してあったのを処分したら、その友達の紹介で思いがけず大きなパーティの仕事の依頼が舞い込んだのには驚きました。うーん、なんだか象徴的! 


お金の流れもよりスムーズになったし、十数年会っていなかった友達と思いがけず再会できたし、自分のセッション・ルームで過ごす時間が格段に気分が良くなりました。


自宅と共に、みなさんとお会いするセッション・ルームは僕にとって地球上でのお気に入りのスポットのひとつ。いつ取り壊されるか判らないような古いマンションの一室なのに、中に入ると不思議とラブリーな空間なのであります。ここに日本中からたくさんの方が来てくださるというのが、とても幸せです。 


お部屋の浄化にはいろんな方法がありますが、豆まきというのはマイナスのエネルギーを祓うのにとっても効果的ですよ。依頼を受けてあるお宅で真夏に思いっきり豆まきをして浄化をしたことがありました。家中の壁という壁に豆を投げて、みなでとっても爽快な気分になれました。おすすめ!


ところで。


一番重要な風水はそこに住む人、出入りする人が心を良い状態に保ってポジティヴなエネルギーを発していることのなのだと思います。どんなにお部屋のエネルギーを整えたところで、お部屋に訪ねてくる人がネガティヴなエネルギーを運んで来るようであれば効果は半減です。親しいお友達でも「この人と会うと調子がくるう」と感じることはありませんか? 人間関係も定期的に掃除が必要かもしれません。

とはいうものの、豆まきはお部屋だけにしましょう。

関連記事

関連タグ : 部屋, 浄化, ヒーリング, 開運, 掃除, ,