Yahoo! 占い12星座占いでおなじみジーニーが星占いと幸せのヒントをお届けいたします。

新月の願いを書くチャンスがまたまたやってきます。金運、結婚、恋愛、仕事、健康など、どんなことでも宇宙にリクエストをしてみましょう。
 
これはアメリカの占星術研究家のジャン・スピラーさんによって広く知られるようになった願望実現のためのテクニックですが、ここではジャンの研究をベースに僕なりの解釈を大幅に加えたものをお知らせすることにいたします。

新月の時刻から48時間以内に願い事を紙に書き出すだけです。かなり叶います。本当です。

ジャンによれば一番強力なのは8時間以内ということですが、大体2日以内に書けば良いはずなので、8時間内にこだわらずに落ち着いて書いてくださいね。僕の研究では新月の後しばらくの間、月がはっきりと見え始める頃までに書けば有効なようです。

判りやすくまとめると、次のようになります。

【新月の願いを書く時間帯】


10月29日水曜日の朝、08時14分から同日の午後16時13分まで(一番目に強力)

10月29日水曜日の午後、16時14分から11月1日金曜日の朝、08時13分まで(二番目に強力)

この時刻は新月の願いの為に僕ジーニーが計算しなおしたものです。
ご了承くださいませ。

「こうすると叶わない」なんていうことは何もありません。
細かいことを心配せず書いてください。何しろ月に一度の願望実現の為のチャンスですから、楽しんで書いてみましょう。七夕の夜、短冊に願いを書いた時のことを思い出してください。あんな気持ちでわくわくしながら書けば一番だと思います。

今回は蠍座での新月です。さそり座の方には特に重要な新月になることでしょう。新月の前後がお誕生日の方はまたとない素晴らしいチャンスですよ!

すべての人にとって、今回は本質的な課題に向いています。ちょっと抽象的ですが、根深い思いこみを捨てる、ソウル・メイトと出会う、パワーに関することなど「ものすごく難しい」と感じる課題に奇跡的な解決法をもたらすはずです。

例「自分が幸せになれないという思い込みが消えますように」
「パワーを持っている人に振り回される癖を直したい」
「セックスに関する悩みが過去のものになりますように」
「カリスマに惑わされず、相手の真実の姿を見つけたい」

以下は、僕の経験と研究からのアドバイス。

「書き直しをしても特に問題ない」

「どうやって叶うのかは宇宙に完全にゆだねて、叶ったときのことを
イメージしながら幸せな気持ちを感じて書くことが大事」 

「必ず紙にペン(ボールペン、サインペン、筆ペンなど消えないもの)
で書くように。消しゴムで消せる鉛筆やシャープ・ペンシル、削除・
修正できるパソコン、携帯などは不可」

↑これに関しては明確な理由がありまして、アメリカでは鉛筆を使う
ことが日本のように一般的でなく、小学生でもボールペンを使う方が
普通だからです。ジャンがアメリカ人であることを考慮した上での
僕からのアドバイスです。

「紙やペンの色などは特に決まりはないので、お好きなものを」

「最初は無理せず数個から始めて、なれるにしたがって徐々に増やして
ゆくと良い(ジャンは2件以上10件以内を勧めています)

「必要があれば繰り返し願いを書いてもオーケー。別の角度から書いて
みるのも効果的」
例:1ヶ月目「ソウルメイトと出会えますように」
  2ヶ月目「ソウルメイトと必ず出会えることをもっと信じられます
ように」

「願いをサポートする願いを追加すると効果が高い」
例:「新月の願いが叶うことをもっと信じられますように」

「満月の頃まで、2週間くらいの間に願望の実現につながるような
変化があることが多いので見逃さないように」

「願いを書いた紙を月光にさらさなくても大丈夫。新月は見えない」

「願いを書いた紙は人に見つからないようにしまっておけばオーケー」

「大体1年くらいはとっておいて、時々見直してみることをお勧め。
処分するときは感謝の気持ちを込めてごみとして処理してかまわない。
満月の日に燃やすのもオーケー」

「シングルの人は、特定の相手にしぼらずに良い人が現れることを
祈ると効果的」

「金運に関しては宝くじなどに限定せず、どのようにお金が入るかは
宇宙に任せるようにする」

「すんなりと叶いますように、という書き方にすると本当にスムーズに
叶いやすい」

「同性間の恋愛に関しての願いもしっかり叶うので大丈夫」

「自分の心は確実にコントロールできるが、他人の心はコントロール
できない」

「後から見なおして違和感があれば、取り消したり修正したりしても
問題はない」

「新月の前に下書きをしても問題はない」

「ボイドのことは心配しなくても大丈夫」

「水星の逆行についても心配しなくて大丈夫」

「文体に関しては、自分にとってしっくりくるものがベスト」

「願いを確実に叶えるためには、その願い事が叶うことに関しての不安が
消えるようにという願いを追加すると良い」

「願い事の内容は叶うまではあまり人に話さないことをお勧め」

「文章に関しては、主語などにあまりこだわらずに日本語として自然な
ものであれば大丈夫」

ジーニーからのリクエストですが、ぜひとも下の願い事をあなたのリストに
加えてください。 

「世界平和の実現の為に、私にできることを無理なく実行してゆけますように」

宇宙があなたの願いを聞き届けてくれますように。

ジーニー
関連記事
このところ、とても忙しくてブログの更新ができなくてごめんなさい。

毎日のように、新しい記事が載っていることを期待してここに来て下さる方のことを思うと、本当に申し訳ない気持ちで一杯です。

僕の人生では、素晴らしいことがたくさん起きていますよ! このムックもそのひとつ。11月上旬に書店に並びます!




スペシャルなことにあのホウホウ先生と、「夢を叶える掃除力」で有名な舛田洋光先生などの、僕が尊敬する素晴らしい方々と共に、この本づくりに参加させていただきました。そうそうたる顔ぶれに、いまだに信じられない思いで胸が一杯です。

僕は「12星座別部屋づくりのコツ」という記事を担当させていただいております。このお仕事の依頼をメールで編集者さんからいただいた時、ありえないほど感激してしまいました。エンジェル+占星術+インテリアとは、なんとも僕らしい記事なんでしょう?

企画を進めている最中は、大きな浄化が起きていたようで、これまで気づかなかった学びの連続でした。「天使」に対する解釈は古今東西さまざまなものがあり、そしてそれでいいのだということが判り、自分の中にある影の部分をしっかり受けとめることができました。

素晴らしいチャンスを下さった編集のみなさま、本当にありがとうございました。今度ぜひともお茶でもご一緒いたしましょう。僕のおごりです。

この本を手にとってくださる方に、すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー 
関連記事

関連タグ : 天使, エンジェル, 願い, 願い事,

今日は写真撮影があったのですが、写真を撮っていただきながら、何故だか息をとめて頑張っている自分に気づき、受けてしまいました。

携帯版MyBirthday デラックスで、「しあわせの魔法をかける 愛の七日間」という企画がスタートいたしました。毎日一個ずつ好きな宝石を手に入れていくと、7日目に世界一貴重な魔法のダイヤモンドが手に入る、という内容のワークです! 一部無料でごらんいただけますので、ぜひお試しくださいませ。


愛の7日間


それにしても、このタイトル「愛の七日間」というのがいたく気に入ってしまい、原稿書いていて自分でとっても幸せでありました。


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事
「どうしても行ってみたい!」と思っていた場所があって、念願叶って実際に行ってみたら、大した感動もなかったという経験が何度かあります。今日はそのうちのひとつを。

ニュージーランドのオークランドに半年ほどいたことがあって、その時にどうしても行ってみたいと思っていた場所がワン・ツりー・ヒルという丘でした。なだらかな丘の上に先住民族のマオリ族をたたえた塔があり、その他には松の樹が一本だけ立っているという、なんとも不思議な場所です。

その当時大好きだったアイルランドのロック・バンド、U2の「ヨシュア・ツリー」というアルバムに「ワン・トゥリー・ヒル」という曲が入っていて、この丘のことを歌っています。



ある土砂降りの午後に、車で友達とドライブをしていると、丁度ラジオでこの曲が流れたときに遠くにワン・ツリー・ヒルが見えてきて、あまりのタイミングに胸が高鳴りました。

いつかきっと、あの丘に立ってみたい! という強烈な思いが芽生えました。

あの丘の上に立って、街中を眺めたらどんなに素晴らしい気持ちだろう? 一本だけある松の樹はどんな樹なんだろう? 

半年の滞在期間が終わり、英語もなかなか自由に話せるようにならないまま、帰国の日が近づいてきました。ある日車を持っている友人に、どうにか英語で頼んで、オークランドの中心部から少し離れたところにあるワン・ツリー・ヒルに連れて行ってもらいました。

丘の上には、本当に白い塔があって、他に樹が一本だけ。丘のふもとには羊が寝そべっていました。

大きな感激はありませんでした。むしろ静かな悲しみを感じてしまったのです。あんなに憧れていた場所に着てみたら、本当に思っていた通りの場所だったからです。

松ぼっくりが地面に落ちていたので、ひとつひろいました。

「記念に日本に持って帰って種から松の苗を育てて、盆栽のワン・ツリー・ヒルを作るんだ!」

なんて現地の友人に冗談を語ったものの、日本に帰ってきてから帰国後の毎日が大変で、完璧に忘れてしまいました。

僕にとってはワン・ツリー・ヒルのことを思い出すと、ニュージーランドになじめず、英語もわからず、新しい友達もなかなか出来なかった自分の苦しい気持ちがよみがえります。ひたすらホストファミリーの家の洗濯と洗い物くらいしかすることがなく、ひどいうつ状態に入っていて誰にも助けを求められない状態が続いていました。

帰国前に一度、憧れの丘に行って見たいと、友人に連れて行ってくれるように頼んだというのは、その当時の僕にとっては思い切った積極的な行動だったのです。僕に少しだけ勇気を出して、英語で自分のしたいことを表現する、そのきっかけになったのが「ワン・ツリー・ヒル」U2の曲だったのです。

ワン・ツリー・ヒルに思い切って行く事ができて、それがきっかけで僕は堂々と自分の言いたいことを英語で伝えられるようになりました。

僕の英語はどんどん上達するようになって、皮肉なことにニュージーランドから帰ってきてからの方が勉強がスムーズに進み、数ヵ月後に僕は東京の英会話スクールで講師として仕事をさせていただくことができました。そしてもう少し立つと、翻訳の仕事が舞い込んでくるようになりました。ありがたいことです。

人生、本当に何が幸いするか判らないものです。なにしろ自分の進みたい方に進んでいくことで、そこから何かが始まるのだということは確信を持っていえることです。目的地があまり大した感動がなかったとしても、そこまでたどりつくための色んな体験こそが大事なんではないでしょうか。



みなさんも、どうしても行ってみたい場所があるのなら、ぜひ一度行ってみてくださいね。そこまでの道中で、帰り道で、きっと貴重なドラマや体験が待っていますよ。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー


関連記事

関連タグ : 願い事, 願い, 叶う,

10月分のセッションの受付は終了いたしました。定員の4倍という多数のご応募をいただきまして、本当にありがとうございました。

スタッフが順次みなさんにお返事をさしあげておりますので、もう少々お待ちくださいませ。なお、日程が迫っておりますので、今週末のセッションに当選された方から順番にご連絡さしあげることになります。

11月分の受付は、10月下旬に発表いたしますので、よろしくお願いいたします。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : ヒーリング,