星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

母の49日がすむまでブログに書くのを控えておいたことがあります。今朝無事にそれが終わり、母も仏となったので、みなさまと分ち合いたくなりました。

2月の初めに母が亡くなり、悲観にくれる父と兄に代わって僕が喪主をつとめました。不慣れなことに戸惑いつつも、数えきれないほどたくさんの方の大きな助けがあって、すべてのことが奇跡のように順調に進みました。

ところが、通夜の後の食事の席でとんでもなくこっけいなことが起きました。親戚一同や近所の方の前で父方の叔母の一人が、

「ちょっと、あんた! お母さんに聞いたんだけれど、男好きなんだって?
アメリカ人の男と一緒に住んでいるんだって? 
嫌だ、嘘でしょ? 
あんた、はっきり言いなさいよ。
女形なの? 男形なの?」

とからんできたのです。

長年ゲイとして不器用ながらも誇りをもって生きて来たつもりだけれど、ここまでひどい屈辱を感じたことはありません。完璧に切れました。

「おばさんこそ、あんたは何ですか? 女形? 男形? 
えっ? 女形だったの? 
全然知りませんでしたよ!」

と言い返し、さらに、

「母が僕をこのように産んでくれたことに感謝しています。
いわゆる普通とは少し違うかもしれないけれど、母はこんな僕を受け入れてくれて、
誇りに思ってくれていましたよ」

と母の遺影の前で言うべき事を言い尽くし、叔母を泣かせた夜でした。

しかしまあ、僕の人生というのは何故にこれほどまでにおかしなことばかり起るのでしょうね? 

今日の午後、法要の後にマイクロバス2台に迎えに来てもらい(うちは親戚が多いもので)地元のおそばの名店、かつみやという古民家を改造したおそば屋さん(ほとんど唯一僕が実家の近くで好きなお店かも)で昼食。親戚一同の前で、叔母は座敷の畳の上に両手をついて僕と母に正式に謝罪をしました。 

叔母の許可を得たので、ここにアップいたします。

かつみやさん、大変お騒がせいたしまして誠に申し訳ないことをいたしました。お約束通り、ここにPRさせていただきますね。手打ちそば、おいしうございました。

茅葺き屋根のかつみや(埼玉県朝霞市) 
http://www.katsumiya.com/

追伸 普段の僕はいたって温厚な人間であります。念のため。




人気blogランキングへ←今日も「ぽちっと」押してくださってありがとうございます! 
関連記事

関連タグ : ゲイ,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpmeangel.blog70.fc2.com/tb.php/117-78d4031b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック