星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

友人を訪ねてアメリカのサウス・カロライナにおります。四日目でようやく時差ぼけからちょっと開放されてきました。


去年のクリスマス・イヴには兄が入院することになり病院まで付き添って行きました。世間はこれから華やいだ季節だというのに。


病院の庭を兄と二人で散歩していて、何気なく亡くなった祖父のことを話し出しました。 


77年のことだからちょうど30年前。父の実家の近くにある市民会館にサンタクロースがやってくるということで見にゆくと、10分ほど遅刻してやってきたサンタクロースはなんとうちの祖父でした。やせていた祖父には可哀想なほど赤いサンタクロースの衣装が似合いませんでした。どういういきさつでその役を引き受けることになったのか今でもわかりません。 

トナカイに乗ってきたんですかと司会の人に聞かれて、

「トナカイじゃ間に合わないから、タクシーを飛ばしてきたんだ!」

などと子供心にもつまらない冗談を言っていたので、隠れたくなりました。僕が覚えている限り、真面目なだけの人だった祖父が残した、たったひとつの冗談です。 

兄にその話をすると、大爆笑。気落ちしたり泣いたり怒ったりしていた兄が久しぶりに笑ってくれました。僕も一緒にしばし大笑いしました。

人間はどこで何の役にたつかわからないものです。あなたの何気ない一言が、のちに誰かを助けることになるかもしれません。

29年ぶりに祖父の冗談のおかげで少しだけ気持ちが軽くなった、去年のクリスマスの思い出でした。
関連記事

関連タグ : 願い事, 願い,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpmeangel.blog70.fc2.com/tb.php/290-cf3dcc9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック