星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

こういう仕事をしておきながら、つい二日前に初詣に行ったときにようやく気づいたというのは、大変なおおぼけでありますが…

昭和四十三年、申年生まれの僕は、今年「本厄」に当たるらしいです。つまり、去年は「前厄」だったんですね。まったく気づきませんでした。

21世紀になってすぐ位に、横浜中華街に遊びに行ったときに、友人と一緒に占い師さんに見ていただいたことがあります。

「今年は厄年よ! あなたの場合は女の厄年で見るの!」


ひえっ!!!!! そうなんだ!!! 

…でも、なんか納得かも?

ゆえに、僕の中では厄年ははるか昔に済んだことになっております。

こういうことは、気にすれば気にするほど本当になってしまうもののようです。どうしても気になるようでしたら、やはり親しみのある神社やお寺に行って、すっきりするのが正解でしょう。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー




原田知世さんの「時をかける少女」はいくつかのバージョンがありますが、このバージョンが一番素晴らしい出来だと思います。
関連記事