星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

少しずつ暖かい日が増えてきて、一安心ですね。昼過ぎに近くの新宿中央公園に散歩にいくと、公園に住んでいる猫が寄ってきて挨拶してくれました。犬も猫も、動物は大好きですが、今住んでいる部屋ではペットが飼えないもので、時々こんな風に猫に会えるのが楽しみです。

今日はほんの5分の間に、代わる代わるに4匹もの猫が出てきてくれて、なんとも幸せな気持ちになれました。この公園で生活している方も多いので、きっと人懐っこい猫の存在は大きな慰めになっていることでしょう。

公園に猫が多いというのは、いいことかそうでないことか、僕には判断できません。ただ、どんな命も間違いなく望まれて生まれてきて、何かしらの役割を果たしていることを強く感じます。

思い出すと悲しくなるので、なるべく思い出さないようにしていることが、いくつかあります。子供の頃、僕が可愛がっていた猫を、両親が「(兄の)勉強の邪魔になる」という理由で、この公園に捨てにきたことがあったのです。

その当時は兄も僕もずいぶんと悲しみましたが、今たくましく生きている野良猫たちの姿をみると、「うちの子もこの公園でしっかり生きる道をみつけたのかなあ」、なんてことを考えて、少し心が穏やかになります。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー


追伸1

ちなみに。それから数ヶ月もしないうちに、僕がまた別の子猫を連れて帰ってきたので、両親はすっかりあきらめたようです。この子は捨てられることもなく、15年も長生きすることができました。

追伸2 

先日募集させていただいた「新月の願いの体験談」の募集は、締め切らせていただきました。たくさんのみなさまから、幸せなエネルギーで一杯の体験談をいただきました。本当にありがとうございました。とても良い本に仕上がりそうな予感がいたします!
関連記事