星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

昔付き合っていた恋人からもらった指輪などを、大切にとっておく人は非常に多いようです。

その理由はさまざまでしょうが、センチメンタルな思い出が一杯つまったアクセサリー、特に石のついた指輪をとっておくことは、あまりおすすめできないことのひとつです。

なぜなら、石には贈った人の気持ちが入りやすいからです。同時に、石は身につける人の気持ちも記録していきます。

ふたりが愛し合っているうちは良いとして、問題は別れた後の処分方法ですね…

指輪をプレゼントしてくれた、昔の恋人に対して複雑な思いを抱えながらも、なかなかそれを手放せないのは、なぜでしょう?

センチメンタルな思いとともに、手放せない理由はこれです。

「石が高価なものであること」


冗談ではなくこれが理由で、現在愛してもいない元彼からプレゼントされた石を手放せない人が多いのです。それが高価な石であればあるほど、あなたの手から離れにくいかもしれません。

「これを手放したら、もう自分に高価な指輪を買ってくれる人が、他に現れないかもしれない」という不安が、そこに存在するからです。

でも、過去の思いがたくさんつまった石を手元にとっておくことが、どこかで心の重荷になっているとしたら、それが新しい恋愛を遠ざけてることにもなりかねません。

思い切って海や川に投げて、自然に帰すのもとても良い方法です。これまで僕は何人もの女友達が過去を断ち切るために、指輪を捨てに行くのに付き添ったことがあります。

「ロード・オブ・ザ・リング」ではありませんが、指輪を手放すというのは、かなり大変なことのようです。

なかなか手放せない指輪やアクセサリーがあったら、まずはそれをティッシュに包んで、天然塩の中にしばらく寝かせておいてください。徐々に浄化されて、石の中にたまった気持ちがリセットされていきます。

そして、リセットが終了したら、感謝の気持ちをこめて、あなたの好きな方法で「手放す」ことにしましょう。

たとえば、リサイクル・ショップなどで買い取ってもらって、そのお金であなたが共感できる社会活動などに寄付するのはいかがでしょうか? 

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー


アロマプロ「ジーニーの星占い」が更新されました。「きれいと心の幸せな関係」というコラムを書いております。
関連記事
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpmeangel.blog70.fc2.com/tb.php/493-7c496b6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック