星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

十代の頃の話です。知り合いに何人か、コピー・ライターや作詞家をしている人がいて、良く顔を合わせては文章を書くことについて語り合っていました。


ある時僕が、「コピー・ライターの仕事って、一行ですむんだから、いいなあ」と何気なく口にしたら、そこにいた全員にたしなめられました。


「おいしい生活」という、一言の裏に、積み重ねがあるんだよ!


そう言われつつも、僕はまだコピー・ライターはとても「おいしい仕事」だと感じていました。なにしろまだ18歳の若造でしたから、無理もありません。


なんと因果なものか、その後本当に自分が、コピー・ライターとして仕事をすることになったときに、僕は途方にくれました。


ある有名メーカーの雑貨のカタログを作るのに、資料が紙切れ一枚しかないのです! その資料は、製品の仕様書のようなもので、材質やらカラーやらが示されているだけであって、実際の製品を見る機会などは与えられませんでした。


一体これで、どうやってコピーを書けばいいのでしょう?


ずいぶん悩んだ結果、とても気に入らない文章ができあがり、プレゼンテーションでほとんど落ちてしまいました。それでも、お仕事をくださった広告代理店の担当さんがとても良い方で、ちゃんとギャラを払ってくださいました。


次に、新しくオープンするビルの広告を作成することになりました。今回も資料は紙切れ数枚でしたが、まだオープンしていないビルなので、写真資料もありません。それでも、なんとかイメージを広げて文章を書かなくてはいけないのですが、それがまったくできなかったのです。

つまり、僕には積み重ねがなかったのだと、その時にやっと理解できました。


それでも不思議と、もの書きの仕事を定期的に依頼されて、自分の生きるべき道はそこにあるのではと少しずつ感じるようになりました。


かつて、もうひとつの本業であった「対面セッション」の仕事を通じて、人の心に触れるようになって、必要だった「積み重ね」が何か、少しずつわかりかけてきたように思います。


それは、言葉のテクニックということではありません。自分がいかに相手の心の中に入っていって、そこに気持ちを届けることができるかということなのです。この対面セッションでの経験が、今僕が文章を書くことを助けてくれいます。


もし僕が例えばカーテンのコピーを依頼されたとしたら、そのカーテンを部屋に飾ってくださるのはどんな方であるかをまずイメージするでしょう。


そして、さらにイメージを広げていきます。


「新しいカーテンに取り替える、その何気ない行動の裏にはどんな思いがあるのだろう?」

生活環境を一新させたいのかもしれない。


「カーテンを取り替えることによって、その人が本当に期待しているのは何だろう?」

新しい恋をしたいとか、なんとか。


「その変化を求める気持ちは、どこからくるものだろう?」

ひとりの生活が寂しくなってきたからかなあ…


「新しいカーテンをかけた部屋は、どんな風に変わって、人生はどんな風に素敵に変わるだろう?」 

毎朝窓を開けて、深呼吸をしてくれるといいなあ。そうしたら、部屋のエネルギーが良くなって、気分良く一日をスタートさせられて、出掛けにお洒落をすることも楽しくなって、近いうちに恋人ができるかも! うん、できるに違いない! やった!


…こんなことをイメージして、その人の心の中にささやきかけるのに、ぴったりな文章書いていくことでしょう。


別に美しい言葉でなくても、立派な表現でなくてもいいのです。心の底からの純粋な思いと、その時その人の心に響くような、短い一言があればいいだけだと思うのです。


僕は、今後も広告コピーを担当しないかもしれません。でも、書くことに関しては驚くほど大勢の方が、僕の言葉や表現を気に入ってくださって、ブログやその他の場所で紹介してくださるようになりました。少しずつ「積み重ね」が出来ているようだったらいいなあ、なんて感じています。本当にありがとうございます!


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー



「エンジェリック占星術」に新メニュー「宇宙も祝福! ふたりに約束された最高の結婚」が追加になりました! よろしくお願いいたします。

「おいしい生活」を産み出した、糸井重里さんのほぼ日刊イトイ新聞 今でも憧れです、糸井先生!
関連記事

関連タグ : 願い, 願い事, 叶う, 書き方,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpmeangel.blog70.fc2.com/tb.php/497-fe037a52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック