星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

ある有名な西部劇のワンシーンで、英雄扱いされた主人公が、自分を慕う小さな男の子に残した台詞が、とても印象的でした。

主人公は「一番偉大なのは、(僕ではなく)君のお父さんなんだよ」と男の子に告げるのですが、その意味がおぼろげに理解できるようになったのは、ここ数年のことです。

ご両親がどんな方であったとしても、あなたに命というかけがえのないものをプレゼントしてくれて、大人になるまで毎日食べさせてくれたのであれば、そこには無償の愛があったはずです。

それを「親だから当たり前」と考えると、いろいろと不満も出てきてしまいますが、「ひとりの人間」として親をとらえてみると、それがいかに大変なことであったかが見えてくることでしょう。

世の中にはそれを「親からの借り」と感じて、なんとか親孝行して返そうとしていらっしゃる方が少なくありません。それはそれで、またとてつもなく大変なことです。

僕自身、一時期までそうしなくてはいけないと思っていましたが、あるとき父親に「子供が元気で、しっかり働いてくれているなら、それが一番の親孝行だよ」と言われて、すっかり気持ちが楽になりました。

そのときまで、僕は返そうと思っても返せない「借り」を、なんとかしようと頑張っていたことに気づいたのです。

もちろん、お世話になったのは両親だけではありません。40年生きてきた中で、数え切れない友人、知人に助けてもらいました。

あいにく、そのうちの何人かはすでにこの世にいません。つまり、借りを返そうと思っても返すことができないのです。思い出すたびに、心の中で感謝の気持ちを伝えるのみです。

たくさんの人に、たくさんのものを与えてもらったのは間違いないけれど、それを直接相手にお返しすることが不可能なことも、世の中にはあるものです。そんなときは他の誰かに還元することで、自分の受け取った愛を循環させていけばいいんじゃないかと、最近は考えています。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー
関連記事

関連タグ : ヒーリング,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpmeangel.blog70.fc2.com/tb.php/533-b30a16a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック