星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

毎日のようにガラクタを手放していると、その度に面白い発見があります。捨てようと決断するときに、必ずといっていいほど「これまで何故それに執着していたのか」本当の理由がわかるのです。


しばらく前に、いらない箱があるのに気づいて手放しました。これは亡くなった母から受け継いだガラクタです。


旅行先で母が買ったコーヒーの空き箱で、バティック(ろうけつ染め)で包まれた、見た目にはちょっとお洒落な箱。


母は、これをお土産とした買ったはずなのに、あんまり箱が気に入ったらしく、中身だけを近所の友人にプレゼントして、箱は自分の手元にずっと置いておいたのです。


しばらくして僕はその箱を母からもらい、中に使わないものを入れたまま、十数年経ってしまいました。


この箱は、母にとっては思い出深い箱だったのでしょう。でも冷静に考えると、僕にとっては特別気に入っていたものではなかったので、手放しました。長い間自分の気持ちよりも、母の思い出を優先させていたのです。


ところが。今度はその箱の中に入っていたものが、なかなか手放せないのです。箱を捨ててから2週間たっても決心がつかず、天然塩と一緒にビニール袋に入れて一晩寝かせてから、ようやく可燃物として捨てることができました。


僕の場合、一度でも箱の中にしまうと、その後なかなか取り出すことがなくなる上に、箱の中にあるものを忘れる傾向があることに気づきました。


箱というものには、何か科学では解明できないような不思議な力があるのではないかと思い始めております。最近は気をつけるようにしていますが、実は僕も箱には弱いんですよね…


ガラクタ整理の第一人者、カレン・キングストンさんの本に、こんな文章があります。


私は蟹座生まれで、われわれカニ族は箱にとてつもない安心感をおぼえるのです。
時にはもらったプレゼントそのものよりも、箱のほうが気に入ってしまうことすらあります!



うちの母も蟹座の人だったので、これは説得力がありました! 


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。


ジーニー
関連記事

関連タグ : 部屋、浄化,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpmeangel.blog70.fc2.com/tb.php/555-b83e450d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック