星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

昨日ふと感じたこと。僕は「宇宙と大恋愛をしている」ようです。

子供の頃の僕は、宇宙について書かれた本を読みあさり、「宇宙ってすごいなあ」とため息をついて、宇宙のことを考えるだけで幸せでした。毎日のように飽きもせず、「太陽系の絵」をスケッチ・ブックに描いていた時期もあります。

あることがきっかけで、一般的な感覚からすれば、それが「ずれたこと」だと気づき、そのときに大恋愛は一旦終わってしまったのです。

忘れもしない、小学校一年生のときのこと。当時一番仲良くしていた男友達だったT君に、こんな話をしました。

「ねえ、知ってる? 火星にはフォボスとダイモスっていう月がふたつあって、じゃがいもみたいな
形をしてるんだって!」


僕はそんな宇宙の話をするのが、楽しくて仕方なかったのです。ところが。

「また、そんな話ばかりして!」

と言って、彼は泣き出してしまいました…。

友達を泣かせてしまい、子供ながらにずいぶんと混乱いたしましたが、「こういう話は、人にしてはいけないのかも?」と思い、以後は自重するようになりました。


急にこんなことを思い出したのは、『未来は、えらべる!』 という本と出会ったからなのです。



まず、なんといってもバシャール(ダリル・アンカ)と本田健さんのコラボレーションに驚きました。おふたりとも、たくさんの著書があって、説明の必要もないほどの有名な方です。

これまでバシャールの本を読んでも、見えにくかった部分を、本田健さんが実にピン・ポイントに迫ってくださっているのが、素晴らしいところ。

バシャールは「ワクワクすることをしなさい」と長年説いていますが、「そんなこと言っても…」という気持ちが強い方も多いことでしょう。自分がワクワクすることをしたくても、毎日の仕事もあるし、愛する家族のことも心配だし、あれこれ。


バシャールはそれついて、こんな風に明確を回答くれます。


---

本田健さん:では、あとひとつ、ワクワクに関する質問をしたいと思います。ワクワクすることを続けてやていると、まわりの人たちとの間に溝ができることがあると思います。それは夫婦間の溝だったり、友人との間の溝だったりしますが、それについてはどう対処すればいいでしょうか」

バシャール:そうですね。確かに人によっては、情熱にしたがって生きるという、あなたの高い波動に対処しきれない場合もあります。

それでも相手は、「本当のあなたがどんな人なのか」を学ぶことはできます。ワクワクにしたがって生きるあなたの波動に合わせて、その人が自分を変えたいのであれば変えることができますし、変えたくなければ変わる必要はありません。

しかし少なくとも、その人は「本当のあなた」を知ることになるのです。

だいたい、本当の自分でないまま人間関係をつくろうと思っても、そもそもそこには「関係」などありません。

---

なるほど…。じゃあ、やっぱりあれで良かったんだ。フォボスとダイモスの話をして、泣かせてしまったT君は、その後僕のうちに遊びに来てくれませんでしたが、宇宙に対する情熱は僕の中で燃え続けていたのです。

あれから数十年。宇宙と僕は見事に復縁をとげて、今も毎日が大恋愛のピークのようです。スケッチ・ブックからパソコンに変わりましたが、子供の頃と同じように毎日「太陽系の絵=ホロスコープ」を描くのが楽しくて仕方ありません! 

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。 ジーニー






○ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。

『あなたが気づけますように。今、あなたを想い、愛している人物』

関連記事

関連タグ : 願い, 叶う, 星占い,

トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://helpmeangel.blog70.fc2.com/tb.php/629-3452484b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック