星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

「engel rose」さんから、こんな体験談をいただきました。

---

嫁入り箪笥、和箪笥、整理箪笥を手放しました。

整理箪笥の中には私の日々の洋服、下着、小物がありました。簡単な箱収納にしようと思っています。まだ買っていませんが、、和箪笥の中の着物。9割売りました。

弟の結婚式用に黒の留袖、息子の未来のお嫁さんの為に3枚、夏・冬の喪服・鞄・草履一式 以上を手元に残しました。

でも、残ったそれらを眺めていて思ったのですが、弟はお見合いがすべて上手くいかず、いつ結婚するか分らないし、日本で挙式するのか否かもわからないし…ってとこです。

息子の嫁って…これだって何年先のことか、、それに、お嫁さんだって着物をもらっても、着る機会がなければお荷物なだけだし、私でさえ着ていないのですからね、、。

喪服もお葬式に着物の人って最近いないし~。第一、妹・祖母・父と見送りましたが、私自身着てないし、弔問客の皆さん全員お洋服でした。

つまり、1割残した着物ですが、これもやはり手放した方がよさそうですね。

26年も前の嫁入り箪笥に狭い室内を占領され、心も過去に縛られ、新しい恋も出来ない。
何だかな~~
どこかで、片をつけなくちゃいけないですね。
自分が明るく、健やかでなければ恋人だって出来ないし、ましてや結婚も出来ないだろうし。

生涯の伴侶を見つけて、
一緒に暮らす為にも一度目の結婚時の残骸を放さなくてはね。

----

「engel rose」さん、ありがとうございました。

「嫁入り道具」について、過去の結婚生活の思い出があるものについて、どうしたらいいのか判断に困っていらっしゃる方の参考になりそうなお話でしたので、掲載許可をいただいて紹介させていただきました。

なにを手放して、なにを残して大切にするかは、「どんな毎日を望んで、どんな未来を望むか」によって変わってくることと思います。そして、どんな判断も、ご自分の心からの判断であれば、間違いはありません。

割に最近のこと、僕は亡き母の遺品だった金のペンダントを手放しました。僕がまだ小学校低学年だった頃に、「あなたが大人になって、お嫁さんが来たときにあげる」と、自分とおそろいのものを買って、大切にしまっていたのです。

あいにく母の期待には応えられなかったわけですが、母に感謝の気持ちを込めて手放したことで、なにかが吹っ切れたようにすっきりいたしました…。



すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー






【ジーニーのエンジェリック占星術・新メニュー】

あの人も同じ気持ち? 
知れば知るほど惹かれてしまう、この恋の秘密



・あなたがあの人に惹かれてしまう理由
・あの人があなたに感じている魅力
・ふたりを引き付け、つなぎとめているものの正体
・あの人はこの恋にどんな想いを抱いている?


関連記事