星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

「好きという言葉が一番好き」


僕が大好きな作詞家の松本隆さんが以前にラジオでそんな風にお話されていました。もう20数年も前のことで、松田聖子さんとの対談でした。


松本隆さんの書く素晴らしい歌詞の原点は、そのあたりにあるのではないかと思うような、印象的なお話でした。


「好き」という気持ちには、明確な理由がないことが多いのではないかと思っています。あるものや人を好きになって、その理由を後付けのように考えることはできますが、さらに「なぜ?」と自分に問いかけると、結局論理的に説明できるものは、なにもないように感じます。


あるのは「好き」という、たったひとつのピュアな気持ちだけ。


占いで「星座同士の相性」を気にされる方はとても多いのですが、僕は基本的に良い相性も悪い相性もないと考えています。どんなに相性の良い組み合わせでも、お互いに「好き」という気持ちが芽生えなければ、恋に落ちることもないのですから。


僕は人が自分の好きなものについて夢中になって語るときの、子供のように純粋な瞳が好きです。その対象が一般的には「変わったもの」であっても、僕の良く知らない世界のものであっても、好きなものに素直になれる人は素敵だなあと思うのです。


人は誰でも幸せになりたいと願うものですが、自分の好きなものを受け入れることは、そのためのヒントのひとつです。あまりにシンプルなことなので、こうしたことはあえて本には書いていないかもしれませんね?


新刊の中で、僕がチョコレートが好きだということを告白してしまったのですが、以来チョコレートをプレゼントされることが多くなりました。


今日は僕の本を読んだことがないはずの、フランスの友人からメールで「チョコレートは好き?」と聞かれて、大笑いしてしまいました。チョコレートそのものと、気持ちが通じ合ってしまったのかもしれません!


普段あまり言葉にしないけれど、応援してくださるみなさん、大好きです!


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー






▼ジーニーの「エンジェリック占星術」

~出会いから未来まで、ふたりの恋の軌跡~

・あなたに与えられる最高の恋
・ふたりを出会わせた物の正体
・この先、ふたりに起こる思いがけない出来事
・この恋を最後の恋にするために

雑誌『健康』 2010年 11月号 で、「塩まじ」についての取材記事をカラーで6ページにわたって紹介していただきました!


関連記事

関連タグ : おすすめの音楽, 恋愛,