星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

依存症をわずらって長期入院中の兄貴から、ある日電話があって驚きました。

「作文を書かなくちゃいけないんだけど、どうしたらいいかわかんないよ」

入院患者向けの勉強会で、「本当の優しさ」という題で作文を書くように言われたらしく、僕に助けを求めてきたのです。

一瞬、作文のヒントになるようなことを教えようかと思ったものの、「それは本当の優しさではない」と感じました。

「自分で考えて書かなくちゃ、意味がないよ」

そう言って、僕は電話を切りました。

本当の優しさ。それはなんという、難しい課題なんでしょうか?

兄貴はきっと、僕のことを冷たいと思ったことでしょう。でも、僕は少なくとも「偽りの優しさ」で兄貴を助けようとは思わなかったのです。

本当の優しさがなにか、今でも僕は明確な答えを見つけてはいません。おぼろげに感じることは、兄貴が自分の力で作文が書けることを信じるべきだということ…。

いつの日かそれが、兄貴に伝わることをひそかに祈っています。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー

関連記事