星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

自分に向くと思ってはじめた仕事が、まったく向いていなかった経験がなんどもあります。


そのひとつはツアー・コンダクター。


「仕事でいろんな場所に行ける!」と思って、ツアー・コンダクター派遣会社の面接を受けたらすんなりと採用になりました。


今思えば、なんとも浅い考えだったのでしょう?


研修を無事終えて、バス・ツアーで国内の近場からスタート。初仕事は、「谷川岳の紅葉・日帰りの旅」でした。


ところが谷川岳に到着すると、まだ紅葉には早くて、山全体が青々としているではありませんか! 当然ながら、紅葉をうたったツアーに参加された参加者のみなさんは、とてもがっかりされたはずです。この年の紅葉は遅かったのです。


帰りのバスの中で、お客さん達の不満が爆発しそうなのに気付きました。

「みなさま、谷川岳の清々しい緑を、心ゆくまでご堪能いただけましたでしょうか?」


バス・ガイドさんからマイクを借りて、こんな白々しい言い訳で切り抜けなくてはいけなかったのは、本当に良心が痛みました。でも、「紅葉にはまだ早くてすみません」などと僕が言ったら、後で旅行代理店に苦情が殺到するので、「清々しい緑」で押し通すしかなかったのです。


また別の日に同じ谷川岳に出かけて、素晴らしい景観が楽しめるはずの目的地に到着したら、山全体が霧にすっかり覆われていてなにも見えなかったことがありました。


「いやあ、あんな体験はなかなかできません! 五里霧中とは、まさにこういうことを言うんでしょうね!」

ガイドさんも、運転手さんも苦笑いです。


毎回お客さんから苦情が出たりする前に、「寅さん」の古い映画をバスの中で上映して笑っていただいて、機嫌を直していただきました。


その年の秋は雨が多くて、台風に見舞われて、どんな場所に行っても思うように秋を満喫できたことはありませんでした。お天気は自分のせいではないのに、お客さんが気の毒で胃が痛い思いが続きました。


次に「萩のツアー」を担当することになり、山口県の萩についていろいろ調べ始めました。


ところが、前々日くらいになってわかったことは、「萩市」に行くのではなく、「水戸市の偕楽園に、萩の花を見に行くツアー」だったのです。これは旅行代理店の連絡ミスでした。大パニックです。


実際に偕楽園に着いてみると、数日前に大雨が降ったとかで、萩の花はほとんど散ってしまった後でした。


この時は帰りのバスで、どんな言い訳をしたのか、もう記憶にありません。あまりに苦しい思いをしたためか、思い出そうと思ってもまったく思い出せないのです。この「萩の花なしの、偕楽園ツアー」は、何度も担当させられました。


こんな感じで、まるで天に意地悪をされているような思いが続き、ストレスで胃けいれんを起こすことも何度かあったほどです。


お天気は仕方ないとしても、僕が一番辛かったのは、「日常生活から抜け出して、自由な時間を楽しみたい」と思っているお客さんたちに、決まった時刻にバスに戻ってきてもらわないといけなかったことです。


ツアー・コンダクターとは、じつは上手にお客さんの時間を管理しなくてはいけない仕事だったのです。自分が参加者の立場だったら、せっかく目的地に着いても、「30分でバスに戻ってきてください」などと言われたら、腹立たしい思いをしたに違いありません。


でも、帰りの高速道路が渋滞していたりすると、自由行動の時間を短くして時間調整する意外になかったのです。


どうにかこうにか、そんな風に仕事を続けていたのですが、ある日決定的なことが起こりました。


旅先のホテルの中で数十名のお客さんを引率しつつ、レストランまでの道に迷ってしまったのです…。


旅行が好きだとはいえ、ツアー・コンダクターの仕事がどんなものかわからずに仕事を始めてしまったことこそが、人生で大きく道をあやまったできごとでした。


その後も紆余曲折が続き、やっとのことでたどりついたのが「もの書き」と「占い」の仕事だったわけです。17年くらい続けているので、このふたつはきっと一生続けられるだろうなあと思っています。


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー


TOP画面



ジーニーの「エンジェリック占星術」で、新メニューが発表になりました。


いつ訪れる?
「あなたと恋人になりたい」と望む人物


・周囲を虜にするあなたの魅力
・あなたと恋人になりたいと望む人物、その特徴
・いつ、どんなきっかけでその人は現れる?
・あなたが幸せな恋愛を引き寄せるために
関連記事