星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

この大地震で被害に遭われたみなさんに、心よりお見舞い申し上げます。そして、被害がこれ以上広がらないことを祈っております。

42年も生きてきて、このようなときに適切な言葉を見つけられない自分を恥ずかしく思います…。

僕の住んでいる東京では、ほとんどの電車が運転を見合わせたので、僕の身近な人にも今晩家に帰れなかった人がたくさんいます。街中にも携帯の電池が切れてしまい、誰にも連絡できずに困っている人が溢れていました。

こんな状況でもパニックが起こらないのは、なんとも奇跡的なことだと思わざるを得ません。

海外でもこの天災については大きく報道されて、世界中からたくさんの友人達やネット仲間が僕にメールをくれました。

夜中過ぎまで携帯がなかなか復旧しなくて、東京の友人にも、実家の父にも連絡が取れないときに、海外の友人達とコミュニケーションをとることができたのは、言葉にできないほど僕にとっては大きな意味を持つできごとでした。

これは僕の個人的なことですが…。神戸も、ニュージー・ランドも、インドネシアも、僕が過去に暮らした場所なのです。

なぜ自分が過去に住んだ場所に地震が起こるのだろう…

正直申し上げて、そんな風に感じることもあります。

でも、95年に阪神淡路大震災が起きたときが、僕にとっての大きな転機でした。震災の後しばらくして神戸の友人を訪ねたら、中学生の頃まで僕が住んでいたマンションの裏にあった建物が跡形もなく崩壊し、通っていた中学校の校舎もなかったのです。

なぜこんなことが、世の中に起こるのだろうと、自分なりに真実を追究したい気持ちが刺激されるような、重要なできごとになりました。

もしもあのとき、自分が暮らした神戸の街に地震が起きていなかったら、僕は別の道を歩いていたのかもしれません。

とりあえず、被害に遭われた方に必要な援助が届けられることを祈るばかりです。週明けになったら、これまでに出版した本の印税の一部を、募金にあてたいと思います。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー


TOP画面
関連記事

関連タグ : ヒーリング,