星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

僕が漫画を積極的に読んでいたのは、恐らく小学5年生の頃までで、ちょうどラジオの深夜放送を聴き始めた時期と重なっています。

今思えば、中学生になる前に深夜放送を通じて徐々に大人の世界を垣間見るようになった、重要な転換期だったのだと思います。

ちなみに、僕が聞いていたのは関西ローカルの「ヤングタウン」! その話をすると長くなるので、また別の機会に。

現在ではほとんど漫画を手に取ることはないものの、それでも年に一度くらいは素晴らしい漫画との出会いがありますね。

最近のヒットは『パリ 愛してるぜ~』

フランスの漫画に憧れて、単身でパリに渡った32歳の男性漫画家、じゃんぽ~る西さんの作品ですが、これがパリのガイドとしては非常に優れているので、パリに憧れている人にはぜひ読んでいただきたいです!




この本にあるのは、まぎれもないひとりの「生活者」の視点から描かれた真実のパリの姿です。

もしかすると、今だにパリというと「ベレー帽を被ったパリジャン、パリジェンヌがバゲットを小脇に抱えてモンマルトルかシャンゼリゼをお洒落に闊歩している」姿を想像され方もいらっしゃるのではないかと思いますが、ベレー帽をかぶっている人を見かけることはまずないでしょう…。よほど旅行者用のアトラクションでもない限り。

ある意味ではそんな幻想を見事に打ち砕いてしまうような、シビアな内容かもしれませんが、「フランスの漫画に憧れて、フランス語もあまりできないのにパリに旅立った」作者のたくましさ、彼が出会うパリジャン、パリジェンヌたちの姿がなんとも人間っぽくて魅力的。大いに笑えて、ちょっと泣ける素晴らしいパリ生活記です! 

高橋留美子さんなど、日本の漫画やアニメが好きなフランス人の女の子が、

「オニギリを作ってください」

と西さんに頼むエピソードがあります。

パリジェンヌにそう言われて、料理の苦手な西さんは日本のお母さんに電話をかけて、おにぎりの作り方を教えてもらい、一生懸命に作ります。生まれて初めて「アニメや漫画で登場人物がおいしそうに食べていた」、本物のおにぎりを口にして、パリジェンヌは大感激です! 

今思い出しても、このエピソードがあんまり可愛くて、純粋で、美しくて泣けてきます。ここにあるものは、一点のまじりけもない、「パリジェンヌに喜んでもらいたい」という、作者の愛にほかなりません。

パリは僕も大好きな街で何度も訪れましたが、その度に「世間の抱いているパリのイメージ」「自分の期待していたパリのイメージ」と現実が大きく違うことに、嬉しい驚きを感じます。

その嬉しい驚きに心動かされて、毎回大量の写真を撮影して帰ってくることを、ここ二年くらいで何度か繰り返しております。 

ご興味のある方は、ぜひ西さんのブログもどうぞ。

つつじヶ丘通信


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。


ジーニー




TOP画面




ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。


いつ訪れる? あなたの人生が
大きく変わる出来事、満たされた生活



・あなたは何をするために生まれてきた?
・あなたの現状
・いつ訪れる? あなたの人生の転機
・あなたの人生をもっと豊かにするために


関連記事

関連タグ : おすすめの本, ,