星占い&幸せのヒント「ジーニーの助けてエンジェル」

以前になんどかお話したように、僕は1年間香港で暮らしたことがあります。1999年から2000年にかけてのことで、もう十年以上前のことです。


ホテルではいつも制服だったので、廊下の一番奥にあるロッカールームで、毎日二度着替えました。


ロッカー・ルームの隣にはテーブルや椅子などホテルの備品を修理する部屋があり、そこでいつもひとりで働いている香港人のおじさんが、僕が通りかかるたびに嬉しそうに日本語で挨拶をしてくれました。


香港ではよくあることですが、昔日本語を少し勉強したそうで、挨拶だけ覚えていたようです。僕の方はというと、今だに広東語は世界一難しい言葉なのではないかと信じているほどで、香港に暮らして何ヶ月たってもろくに上達しなくて恥ずかしい限りでした。


感じのいい人だなあと思いつつも、仕事をしている部署が違うので、親しくなる機会もないままに月日が経ち、僕は一年の香港生活を終えて日本に戻ることになりました。


ある日ホテルのフロントのそばに、めずらしくその人がいたので、僕が帰国することを話すと、おじさんは他の人のいる前で急に涙を流して、英語で「寂しくなるよ」とだけ言って去って行きました。


おじさんが一日に二度僕と挨拶をかわすことを、とても楽しみにしてくれていたことに気づきました。


香港のよその企業ではわかりませんが、そのホテルでは同じ部署の人同士はみんなで食事に行ったり、カラオケに行ったり、兄弟姉妹のように仲が良かったのに、部署が違うとたとえ部屋がすぐ近くでも、まったく付き合いがないのが普通でした。


今思い返すと、ロッカーを利用する同僚、つまり制服を着てホテルの表舞台に立つ人たちは、そうでない人たちにろくに挨拶もしないのが普通だったように思います。挨拶をするのは、僕くらいだったのかもしれません… 


あのおじさんと親しくなる機会がなかったのは心残りでしたが、あの当時僕だけでも毎日挨拶をしていて、良かったなあと思い返しております。


日本語を勉強していたくらいだから、親日家だったのだろうと想像しますが、今でも日本を好きでいてくれたらいいなあ。


しばらく香港に「里帰り」していないので、そろそろ雲呑麺が食べたくなってきました。


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。


ジーニー



おかげ様で、2012年の占いが大好評をいただいております! ありがとうございます!


【豪華スペシャル】

ジーニーがあなたへ贈る、2012年運勢決定版!




・2012年、あなたの恋愛運
・2012年、あなたの結婚運
・2012年、あなたの仕事とお金
・2012年、あなたの対人関係、ラッキーパーソン
・2012年、あなたを幸運に導くラッキーアイテム
・2012年をもっと幸せに過ごすために



看板に偽りなしで、非常に充実した内容になっております。よろしければ、ぜひ参考にされてください。まる一年、あなたのお役に立てることと思います。

Yahoo!プレミアム会員の方には割引サービスもございますので、ぜひご利用くださいませ。

また、2012年の恋愛運(一人用、カップル用)も好評発売中です。


エンジェリック特別鑑定! 「2012年あなたの愛と運命の相手」

ジーニーが占う【2012年あなたとあの人の完全相性】

関連記事

関連タグ : 幸せのヒント, 挨拶,