友人からの又聞きなので不正確かもしれませんが、ヘミングウェイは「良い本は、天気が上手に書かれている」と言ったそうです。

僕は「良い本は、お料理が美味しそうに書かれている」と言いたいと思います。これは小説であっても、お料理本であっても同じで、その部分だけ繰り返して読みたくなるほど。

よしもとばななさんの『キッチン』には、世界一美味しそうなかつ丼が出てくるので、その部分が強烈な印象として残っています。

先頃お亡くなりになったシャンソン歌手の石井好子さんは、『巴里の空の下 オムレツのにおいは流れる』という素晴らしい随筆を残されました。

「今夜はオムレツよ」
私は調理台の横におあずけをさせられた犬のように坐った。
台所は一坪もあったかしら。
せまくて、細長くて、中庭に向かった窓があいて、流しや食器棚や、ガスこんろのおいてある細長いテーブルがある。
私たちはいつも、この細長いテーブルの片隅で、食事をするのだった。


冒頭からほんの一部分を抜き出してみましたが、これだけでもうオムレツのにおいが漂ってくる「生きた文章」です。仕事柄いろんな本を読みますが、最近書かれた本の中ではこれだけ自由で臨場感のある文章は、なかなか見つかりません。



この本の初版は昭和38年なので、僕が生まれるよりもずっと昔のことです。自分の生まれていなかった頃に書かれた文章に心を動かされて「ぜひともこのマダムのように、おいしいオムレツを作らなくては!」と重い腰をあげることができるのは、なんと不思議なことなのでしょうか? 

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー

TOP画面




ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。

【あなたの能力を生かして輝くために】転職するべき? 続けるべき?
・仕事に生かせるあなたの才能
・あなたを輝かせてくれる天職
・あなたに向いていない仕事
・よりよい選択をするために


関連タグ : おすすめの本,

僕は旅行が好きなこともあって、日本北海道から沖縄までいろんな場所を訪ねたことがありますが、不思議に東北地方は車で二度ほど青森まで行って帰ってきただけで、なかなか行く機会がありませんでした。

あるセンチメンタルな理由があって、いつか5月に東北を回ってみたいなあなんて考えているうちに、長い月日が経ってしまいました。今すぐは難しいかもしれないけれど、落ち着いてきたころに5月にこだわらずに出かけようと思います。

その理由はなにかというと、僕が好きなユーミンの曲に「MORIOKA」が登場するからなんですけれど。



この曲のなかで「きっとわかるはず」と歌われたものはなんだったのか、探しあてたいですね。

ユーミンの綴る歌詞は僕が15の頃から、遠い憧れの対象でした。日本語の美しさ、優しさ、豊かな季節感や色彩感などに圧倒されて「いつか自分もこんな風に自由に言葉を操れるようになりたい」とぼんやり考えていました。

ところで、月曜日の記事に「今週のメッセージ」が載っていたので、驚いた方も多いことでしょう。週に一度のこの連載はブログで何年も続け、3年前からYahoo!占い・占いカルテにお引っ越しをしたのですが、今週からブログでもあらためて掲載することになりました。引き続き占いカルテの方でもお読みいただけますので、どうぞよろしくお願いいたします。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー

TOP画面








数多いユーミンのアルバムですが、一枚だけおすすめするとしたら、これでしょう。

関連タグ : 星占い, 音楽,

東京では桜もすっかり葉桜になって、そろそろゴールデン・ウィークの予定が気になる時期です。

やっと巡ってきた素晴らしい季節なのですから、ぜひとも人生を楽しんでくださいね。不本意な世間の自粛ムードなどに惑わされずに、力強く生きて、毎日を楽しむことこそが重要ですから!

以前にもなんどかお世話になった新刊JPさんの企画で、今回僕の好きな「元気になれる本」を紹介させていただきました。よろしければご覧下さいませ。


今回僕が選んだのは、中国系アメリカ人女性作家エィミ・タンの『ジョイ・ラック・クラブ』です。

僕が人生の袋小路に迷い込んで、どう生きていけばいいのかわからなかったときに「なにしろ力強く生きて行こう」という気持ちにさせてくれた一冊です。そのように自分で決めれば、必ず天が味方をしてくれることを実感いたしました。

なぜその当時に、この本を巡り会えたのかどうしても思い出せませんが…。




僕は当時英語の原作を読みましたが、映画もかなり原作に忠実に作られていて、大いにおすすめです!




もうひとつお知らせ。

おなじみ雑誌『MISTY』にて、特集記事に参加させていただきました。




「12人の占い師による、緊急コラボ企画 今あなたに伝えたいこと 12星座別メッセージ」という、大変に豪華で素晴らしい企画です! 

『MISTY』では、写真とヒーリングの企画がおかげさまで、大好評をいただいております! どうぞお手にとってご覧下さいませ。


繰り返しみなさんにお伝えしておりますが、どんな状況の中であっても希望を失わずに、必ず日本から世界は変わっていくことを信じてくださいね。その上で、今のあなたになにができるのかを考えてみましょう。

僕は、これまで以上に自分のしたいことに夢中になって、ポジティブなメッセージをみなさんにお届けすることに決めました。

今後占いやスピリチュアルな内容にこだわることなく、写真撮影も含め、より自由に活動していこうと思っております。もう少ししたらお話いたしますが、今後の活動のスタイルも少し変化させていく予定。

これまで十数年の間ずっとそうだったように「本当に自分が心から感じること、心から表現したいこと」に集中することが、自分にとってベストな状態を保つことにつながることになると思うので…。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー

TOP画面




ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。

【上手くいかない恋】ふたりに用意された恋を進展させる3つの出来事

・ふたりの恋が停滞している理由
・ふたりの恋が進展する1つ目の出来事
・ふたりの恋が進展する2つ目の出来事
・ふたりの恋が進展する3つ目の出来事



関連タグ : おすすめの本,

女優の田中好子さんがお亡くなりになりました。心からご冥福を申し上げます。こんなことがある度に、本当に適当な言葉が見つからなくて恥ずかしい限り。




過去記事:ハートのエースが出てこない時は 


子供の頃から、キャンディーズについては簡単に言葉にできないほどの思いを抱えているので、なおさらです。この出来事が自分なりに消化できたころに、また記事を書こうと思います。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー


TOP画面




「カフェ・エトランジェ」がネット上でオープンいたしました。みなさん、ぜひ遊びにきてください!

これは、読み切り短編小説シリーズ、つまりフィクションで、有料メール・マガジンの形でお届けいたします。

「まぐまぐ!」にてサンプル号が掲載されておりますので、よろしければご覧下さいませ。

有料メール・マガジン「エトランジェ」

サンプル号は、こちらからご覧いただけます。


購読料は月に税込み315円、毎週土曜日発行。登録の月は無料でお楽しみいただけます。PC・携帯のどちらからもお申し込みいただけるはずです。


関連タグ : おすすめの音楽,

ロンドンの大英博物館に『聖☆おにいさん』が展示されるというニュースを聞いて、なんだか幸せです。



ブッダとイエスが仲良く同居生活を送ることができる、日本という国の素晴らしさに世界中の人が(日本人も含めて)気付いてくれるといいなあと願っております。

かつてアメリカ人の旧友で、日本の漫画が大好きで、ほとんどの日本語を漫画を通じて覚えた人がいたことを、ぼんやり思い出しました。

ところで、語学に関しては、やはり自分の興味のあるものと勉強とを上手にリンクさせることがポイントなのではないかと思います。

去年の夏くらいから、マイ・ペースでフランス語を続けていますが、不思議に食べもの関係の言葉は覚えやすいことに気付きました! これは個人的に嬉しい発見です。

昔、香港に住んでいた頃は、広東語が難しくてとても苦労したものの、まる一年でなんとか食堂やレストランで食べたいものを注文するくらいはできるようになりました。ほかのことは、まったく駄目でしたが。

食べるということは、生きることと直結しているので、これはやはり本能のようなものが学習を助けてくれているのではと思ったくらい。

もっとも僕の場合、料理や食べることに対する情熱が異常にある方なので、ついつい食べものに関する言葉に意識が向いてしまうだけなのかもしれませんね?

お腹が空いたもので、つれづれと散漫な文章になってしまい、申し訳ございません。そういえば、夜食ってフランス語でなんて言うんだろう?(こんな具合に勉強しています!)

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー





ジーニーの「エンジェリック占星術」で、新メニューが発表になりました。

あなたに何を求めている? 
「あの人があなたに望んでいるすべて」


・あの人があなたに抱いている感情、求めている言葉
・あの人はあなたとどんな関係になりたい?
・そして、どんな未来を望んでいる?
・ふたりの絆を深めるためにあなたがすべきこと
20代も終わりに近づいたある年のクリスマス前。

僕はパソコン通信のフォーラムで話題になっていたロック・オペラ、『RENT』をCDで聴いて、大きな衝撃を受けました。

まさに、いてもたってもいられない状態で、ニューヨーク行きの航空券を買って、ブロードウェイに観に行ったほどです。

ブロードウェイというと、きらびやかな衣装と舞台、オーケストラというイメージがすぐに浮かびますが、『RENT』は今にもくずれそう落ちな古い劇場で、舞台の上には廃材を集めたかのような、申し訳程度の装置だけ。観客のほとんが、10代20代。

ロック・バンドの演奏に乗せて、役者はヘッド・セット(マイク)をつけて歌います。それは、ブロードウェイの進化でもあったに違いありません。

ストーリーはプッチーニのオペラ、『ラ・ボエーム』が元になっていて、80年代末のニューヨーク、イースト・ヴィレッジに暮らす若者たちの暮らしに見事に置きかえられています。

この物語はクリスマスに始まりクリスマスに終わる、つまり一年間を描いています。そこには喜び、悲しみ、愛、不安、出会い、別れ、再会など、人生のありとあらゆる要素がすべて織り込まれているようです。

『RENT』はブロードウェイでもまれに見る、ロング・ラン作品となり、日本語版も上演され(宇都宮隆さんも出演されました)、数年前に映画化もされました。

過去数年間、『RENT』についてクリスマスの時期に合わせて記事にしようとしたものの、毎年どうしてもなにも書けずに挫折してしまいました。どこからなにを書いていいのかわからないくらい、僕にとっては大切な作品です。

特にこのショーの中盤、二幕目の冒頭で歌われる『Seasons of Love』は、僕の人生で一番大切な歌になりました。YouTubeにはたくさんの動画が登録されていますが、これが僕が一番最初に耳にしたバージョン。



歌詞を僕なりに和訳してみました。



"Seasons of Love" by Jonathan Larson

525,600分
525,600分の貴重な時
525,600分の一年を
あなたはどうはかる? 

昼の光や夕焼けで?
真夜中を過ごした数で?
コーヒーを何杯飲んだかで?
インチやマイル、笑い声や口論で?
525,600分、人生の一年を
どうしてはかれるのだろう?

愛はどう?
愛はどう思う?
愛ではかれるだろうか?
愛ではかってみよう

それは愛の季節
一年は愛の季節

525,600分の間に
525,600もの旅を計画する
525,600分の
女と男の人生をどうやってはかればいいの?

彼女が学んだ真実で
彼が泣いた数で
彼が絶った関係で
彼女がどう人生を終えたかで

今こそ高らかに歌うとき
でも物語は決して終わらない
さあ、祝おう
友達の一年を思いだそう

愛を思いだそう
愛を覚えておこう
愛を忘れないで
愛ではかってみよう

それは愛の季節
一年は愛の季節





amazon.co.jpに載っているレビューが、この作品の素晴らしさを一番正確に伝えていると思うので、ご興味があればぜひ読んでみてくださいね。

この素晴らしい曲を初めとする、『RENT』のすべての曲を作詞・作曲し、脚本を書いたジョナサン・ラーソンさんは、舞台開幕当日の早朝に急遽されました。つまり、自分の作品が舞台で上演されるのを見届けることなく亡くなられたのです。

なにかに導かれるように、ほとんど予備知識もないままにCDを買った僕は、帰宅途中の電車の中で英語の解説を読んで、その事実を知りました。

その「なにか」とは、目には見えないけれど、確実に存在する「天の使い=天使」だったのだと信じています。

この作品の中でも、エンジェルという登場人物がいて、愛し合うこと、助け合うことの大切さをみんなに教えてくれるのですが、そのエンジェルの死がこの物語で重要な役割を果たしています。

世の中には理不尽に思えること、どんなに考えてもその出来事の意味が理解できないこともあるものです。それでも、すべては理由があって起こるものなのだと思います。

大切な人を失った悲しみさえも、その人がどれだけ貴重なものをあなたに与えてくれたか思い出すことで、必ず乗り越えていくことができるでしょう。

今すぐそれができなくても、必ずその時が来ます。そして、その気付きは大きな祝福になることでしょう。


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー





ジーニーの「エンジェリック占星術」で、2011年の年運が大好評発売中です!!!

【ジーニー】が占う、2011年あなたの運勢決定版!


・2011年総合運~あなたに起こるラッキートピック~
・2011年、あなたの恋愛
・2011年、あなたの仕事とお金
・2011年、あなたの対人関係
・2011年あなたの運気を上げるラッキーアイテム
・2011年をより幸せに過ごすために


みなさんの2011年を幸せなものにするために、お役に立てれば幸いです。

関連タグ : ヒーリング,

「許すことができなくて苦しんでいます」という内容のメールを定期的にいただきます。「許すこと」は「愛すること」と並んで、人生の大きなテーマであって、誰でもそれは体験を通じて学ぶべきものなので、「こうすれば簡単に許せる」というものではないと思います。

もしも「許せない自分」が嫌で、それ自体が苦しみの原因になっているようであれば、無理に許そうとするよりも時が解決してくれるのを待つのがいいかもしれません。

ロビー・ウィリアムスのベスト盤に収録された、新曲『Shame』は、そんなことがテーマになっています。



驚異的な成功をおさめた、英国のポップ・グループ、テイク・ザットのメンバーだったロビーは、95年にある事情により脱退させられました。その後ソロ活動で大成功をおさめたものの、リーダーのゲイリー・バーロウとの間には深い溝ができて、長年ふたりの不仲が伝えられていました。

テイク・ザット(Wikipedia)


本当のところ、一体どんな事情があったのかは本人達にしかわからないことでしょうが、15年のブランクを越えてようやく一緒に歌うことができたのが、ふたりのペンによるこの曲です。

ふたりは自分たちの過去を振り返って、こんな風に歌っています。

「この物語には三通りある それは僕のと、君のと、真実」

「今なら、それを環境や子供時代、若さのせいにできる」

このふたりがこうして一緒に歌うのに、実に15年という時間が必要だったわけですが、僕にとってこの曲は数多いロビーの名曲の中でもベスト。

ふたりの再開、和解を喜んでいるファンが、世界中に何百万人といることでしょう。そして、この曲がきっかけとなって、たくさんの人が「許し」を体験することでしょう。

ロビーがBBCラジオで語ったことによれば、久しぶりに再開したときに、ふたりはどちらからともなく「Sorry(ごめんね)」と言ったそう。

でもきっと、そのひとことが言えずに、お互いに長年苦しい思いを抱えていたことでしょう。時が経って、やっと言えたひとことだったに違いありません。






Robbie Williams & Gary Barlow -Shame (YouTube)

このビデオ・クリップでの、ふたりのあまりの仲の良さを見ていると、真実はどうだったのか、考えるだけ野暮な気がしてきました。


すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー







お待たせいたしました! 「ジーニーのエンジェリック占星術」にて、来年の恋愛運をご用意いたしました。

ジーニーが告げる、「2011年あなたの愛と運命の相手」

・2011年あなたの愛
・2011年あなたが出会う、運命の相手とは?
・その出会いはいつ? どこで?
・この愛はあなたをどう変えていく?
・2011年を愛にあふれたものにするために

とても充実した内容になっておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


関連タグ : ヒーリング,

おなすさんにお持ち帰りされた、ジーニー☆イーナーホーです。

おなすインフォメーション:B12がゆくゆく


ビタミンB12を一ヶ月あまり続けていますが、確かに素晴らしい効果があるのを実感いたしました。僕もそのうちビタミン・レポートを書こうかな。

新月は新しい習慣を始めるのに良いタイミングなので、ツイッターを活用して「続けたいことを続ける」本を紹介させていただきます。



まず感激したのは、この言葉。

「続かないのは、あなたのせいではありません」


なんと素晴らしい考え方なんでしょう! かといって、他の人のせいでもないのです。

何かを続けることができない理由は、実は2つしかありません。

理由1 やり方がわからない。
理由2 やり方はわかるが、「継続の仕方」がわからない。

(中略)

続け方がわからないなら、続け方を知ればいい。それだけです。


なるほど…。まさに、その通りです! 

独学でなにかを学んだり、健康のために毎日なにかを続けたりするのは、誰も見ていない分、よほどの強い意志がないと簡単ではありません。もしくは、よほど面白いので、続けようと思わなくても続けられる場合もありますが。(僕の場合、ツイッターがそうでした)

この本ではツイッターを活用した「新しい継続の仕方」を提案しています。ツイッター上で、あなたの続けたいことが続くように「自分のサポーター」を持つことがそれです。

実際にツイッターを活用して続けるためのポイントは、たったの4つ。

1:「宣言すること」
2:「記録に残すこと」
3:「サポーターをつくること」
4:「行動契約書を作ること」


その目的のために、ツイッターと連動した「sapota」という無料サイトがスタートしました。

この本の著者は行動科学マネジメント研究所所長・石田淳さん、メディアプロデューサーの宮本真行さん。行動科学とメディアから両面のアプローチで、素晴らしいコラボレーションです。

あなたの「続ける」をTwitterでサポート~Sapota.jp(サポタ)


この本が出版される前の話です。僕がツイッターでフォローさせていただいている、Kさんがエクササイズを続けることを宣言され、面白そうだったものでサポーターとして参加させていただきました。Kさんは、ある出版社の女性編集者さんです。

「毎晩DVDを見ながらエクササイズ」
「さぼったら、罰金○○円を貯金」
「続いたら、ハーゲンダッツのアイスクリームを自分にごほうび」

こんな内容の行動契約書でした。Kさんのエクササイズが続くように願いつつ、僕もしばらく勝手にハーゲンダッツ断ちをしながら、時々応援のメッセージをツイッターでお送りいたしました。

Kさんが一日さぼると、翌朝こんなメッセージが僕のところに届くのです。

「Kさんがエクササイズをさぼりました! ぜひあなたの励ましのひと言をKさんに送ってあげてください!」


Kさんがさぼると、僕にとってもハーゲンダッツが一日遠のいてしまうので、すぐに応援メッセージを送りました! そんなゆるめの「サポーター」に励まされて、数度ばかりお休みしながらも、Kさんのエクササイズは一ヶ月続いたので見事大成功です。おめでとうございます!

僕もひそかに、ツイッターを活用しつつなにかを続けようかと考えております。ちなみに、ツイッターは面倒なことがなにもない上に、携帯からでもアクセスできて楽しいので、なんの努力もなしに続きますよ。

Kさんはもしかして、このブログを読んでくださっているかもしれませんね? ひとつお詫びさせていただきたいことがあるのですが…。

僕はKさんが「この本を編集された」ことを知らずに、サポーターになったのです。この本を手にした日に、やっとそれに気付きました。

大変失礼をいたしました…。(あれは不思議な体験でした!)

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。 ジーニー





○ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。

『ジーニーが伝えます。
あなたとあの人が前世に結んだ絆、現世での縁』

関連タグ : 願い, 願い事,

非現実的なアイディアが浮かびました。

綿やスプリングの代わりに、マットレスの中に砂をつめた「砂ベッド」があったら、さぞかし寝心地がいいだろうなと思ったのです。

海辺で砂浜に寝転ぶと気分がいいのは、砂が体の形にぴったりそってくれて、「そのままの自分」を支えてくれるからです。そして、体中が地球としっかりつながって、グラウンディングされ、浄化されます。

実際に砂浜に寝転ぶほどの効果は期待できないにしても、似たような効果が望めるかもしれません!

現実的には、砂の温度を一定させるのが大変だから、やはりこれは非現実的でした。

そんなことを考えていたら、素晴らしい動画に出会いました。

Kseniya Simonova's Amazing Sand Drawing


この感動をなんと言葉で表したものか…。ウクライナ出身の女性アーティストですが、お名前の読み方もわかりません。ウクライナの体験した、戦争の悲しい歴史がバックグラウンドにあるようですね。

ひとつの絵が完成しそうになるそばから壊れていき、そして新しい絵が生まれる…。

ここにあるものは、人生の真実であるように感じます。

本当の完成などどこにもなく、あるのは「この一瞬」だけ。それに気付いたときに、幸せが「今ここに」存在するでしょう。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。 ジーニー






○ジーニーの「エンジェリック占星術」に新メニューが追加になりました。

『あなたに永遠の愛を誓うのはだれ? 
天使が告げるあなたの結婚相手』

関連タグ : ヒーリング,

僕が割と自信があるものは、おいしいレストランを見つけること、良い部屋を見つけること、これからスターになる人を見つけることです。

一つ目、二つ目は、自分で探そうと思えば見つかるものですが、スターになる人を見つけるのというのは、年中起こることではありません。ある日衝撃的に、そんな人と出会うのを待つだけです。

まだ無名で、知らないアーティストのCDをジャケットで選んで買うと、失敗することがありません。これからスターになろうしている人は、とても良いエネルギーを発していて、写真だけでそれを感じ取ることができるからです。名前を挙げだしたら切りがないのですが、ひとりだけ紹介することにします。




アンドレア・ボチェッリはそんな「ジャケ買い」をして、個人的に大ヒットだったアーティストのひとり。一時期は一日中この人のCDばかりをエンドレスで流しながら仕事をしておりました。今考えれば、相当苦しい時期だったのですが、乗り越えるのができたのはこの人の声が素晴らしいボイス・ヒーリングになっていたからかもしれません。

YouTubeなどでたくさんの曲を聞くことができますので、よろしければ彼の素晴らしい歌声にふれてみてくださいね。


ボチェッリが目が不自由だということを知ったのは、それからずいぶん経ってからでした。当時レーザー・ディスク(まだ、そんな時代だったんだ…)を持っていたのですが、家族とチェスを楽しんだり、ひとりで馬に乗ったり、本当に普通に過ごしている姿にさわやかな感動を覚えました。

すべての方に、絶え間なく愛と光が届きますように。

ジーニー

関連タグ : ヒーリング,